肉の低温調理に使える調理家電のまとめ

数ある製品の中からどれを選べばいいか迷ってる人向けにまとめてみた。価格と性能から3点に絞られます。

はじめに

低温調理に不可欠なのは温度管理です。測定誤差の小さい温度計を使ってコンロをオンオフしながら作っても作れないこともないけど、手間。やっぱり、調理家電を買ってしまったほうが楽です。

というわけで、自分が買う前に調べたことをまとめてみます。

必須機能

温度が1℃刻みで調整可

最大65-70℃の温度域で使用可

以上の機能がある商品を5000、10000、15000以上の価格帯から商品を紹介します。

5000円以下|ヨーグルトメーカー

外部リンク:アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム 温度調節機能付き

この商品はヨーグルトメーカーですが、温度を25-65℃まで設定できます。なので牛や豚などの肉の低温調理が可能です。また、温度調節が細かくできるので、ヨーグルト以外にもコンフィなどの料理も作れるのが魅力。小型で場所をとりません。

ただし、ヒーターの出力が30Wなので調理前に使いたい温度に近い水を入れてあげないと調理時間が非常に長くなってしまいます。

低温調理家電が高いけど、低温調理してみたいって方にはいい物だと思います。この値段なら仮に使わなくなってもお財布へのダメージは少なくて済みます。

10000円前後|低温調理器具

低温調理が可能な調理器具が増えてきました。物自体の構造は複雑でないので色々なメーカーが参入してきているようです。

そのなかでも10000円くらいで手に取りやすいのはこちらです。

外部リンク:Wancle Sous Vide 低温調理器 真空調理器 料理用水温制御クッカー イマージョンサーキュレーター

Anovaに近い形状の製品で温度も0.1℃刻みで幅広い温度域に設定可能です。スマートフォンと連動するアプリがなく、スマホから設定や管理をしなくてもいいという方ならこれでいいと思います。

出力は850Wで加熱のパワーも十分です。また、ポンプも内蔵されていいて水が対流するので熱の伝わり方も早いです。

自分が購入するときにはANOVAしか選択肢がありませんでしたが、この製品があったらこちらを選んでいたと思います。Anazonが発送してくれるので怪しい商品というわけではないので値段的にも買いでしょう。

この製品もプラグが3Pなので変換アダプタも合わせて購入する必要があります。

外部リンク:サンワサプライ 3P→2P変換アダプタ

15000円以上

外部リンク:ANOVA Precision Cooker

言わずと知れた低温調理の最高峰。価格は15000-20000円の間を行ったり来たりしているようです。

一番有名で価格も高価ですが、その値段に見合う機能がついてきます。出力は900Wなので水から加熱しても結構はやく設定値まで上昇します。流石に90℃以上になると沸かしたほうが早いんですけどね。

鍋を変えれば大きい食材でも調理可能です。あと、ポンプが内蔵されているので鍋の中は調理中ずーっと撹拌された状態になります。低温調理を行うとき、水が対流しているので食材への温度の伝わり方も早くとても重宝する機能です。

ANOVAはプラグが3pなのでそのまま日本のコンセントに繋げません。間に変換アダプターを噛ませて2pにする必要があります。合わせて購入を検討ください。

外部リンク:サンワサプライ 3P→2P変換アダプタ

ヨーグルトメーカーと低温調理器具の違い

違いは水中ポンプの有無とヒーターの出力になります。

ヨーグルトメーカーは容器全体を保温するため撹拌用のポンプがついていません。また、ヒーターの出力は30W程なので常温からの昇温二時間がかかります。予め温めたお湯を使うなどして使う工夫が必要です。

一方で低温調理器具は水中ポンプがついており、絶えず鍋の中を撹拌してくれます。また、ヒーターの出力は800W前後あり、ヨーグルトメーカーの20倍以上のため、常温からの加熱でもすぐに昇温可能です。

おわりに

温度設定の細かくできる製品が各社から販売されて選択肢が増えてきました。とにかくコスト重視で行くならヨーグルトメーカーしか選択がありませんが、10000円くらいの予算であれば色々な製品を選ぶことができます。

迷ったら使っている人の多いANOVAにするのがいいと思います。解説してるサイトも多く、なにより多くの人が使っているという実績は他の製品にはありません。安心を買うということで値段も安くなってきたANOVAをおすすめします。

関連記事:Anova Precision Cookersを購入する際の注意点と購入後の初期設定