AnovaユーザーがBONIQを使ってみた感想

タイトル通り。BONIQってどうなのよってのをつらつら書きなぐるだけ。使ってみての感想はとてもよき。

はじめに

低温調理器はいろいろなメーカーから販売されていて値段の幅もあります。そのためどれを選んでいいかよくわからないというのが現状でしょう。

迷ったらAnovaでいいと思いますが、Anovaと同価格帯でBONIQという製品があります。BONIQは日本語の取扱説明書があり、サポートも日本語です。英語の苦手な方にぴったりな製品ですが、実際つかってみてどうなのよっていうのがいまいちわかりません。

今回、BONIQをさわる機会があったのでいいところ、悪いところを含めて紹介します。

外部リンク:低温調理器 普及キャンペーン by BONIQ

内容物、外観など

さっそく開封の儀を。

同封されているのはステッカー、取扱説明書、ガイドブックです。すべて日本語。ガイドブックには技術的な内容も書いてあって低温調理とは何ぞというところから解説されています。

これから始めてみたい人に向けては親切丁寧でとても参考になります。

さて、外観はこちら。

パーツは本体と本体と鍋を固定するクリップのみ。

プラグは2Pです。Anovaみたいに3Pを2Pに変換するプラグは不要なのでこれは便利。

使用感

さっそく電源を入れて加熱してみます。

操作感はAnovaとほんの少し異なり、左の温度のマークを押して本体についているローラーを回します。ちょっとめんどくさい。

それでは加熱開始。

水を撹拌するポンプの音も小さく、さほど気になるものではありません。そして昇温が終わって設定温度になるのは結構はやい。出力は800Wなので十分でしょう。

温度の刻みは0.5℃で温度センサーの分解能は0.1℃です。これはAnovaと同じかな。

使っててすごく良かったのはクリップ。

Anovaはネジに対してBONIQはバネ。ちょっとの違いですが、バネのほうが圧倒的に楽です。鍋に固定する、外すときにネジをくるくる回すのは地味に手間なんですよね。

スペックや簡単な使用感を比較した記事も書いているので御覧ください。

関連記事:AnovaとBOINQの比較

仕上がりについては比較するまでもなく同様の結果となります。温度を保持する道具としての性能は同じです。

おわりに

BONIQを使用した率直な感想は「これ、ほしい」です。Anovaと違ってWi-Fiはついていませんが、使用しないユーザーでしたら性能差はありません。

日本語の取説やガイドもついていますし、サポートも日本語でやり取りできます。Anovaみたいなのがほしいけど海外の製品を輸入したり並行輸入品を購入するのは怖いのでしたらBONIQがいいでしょう。

公式サイトだと10%割引のクーポンがあるので公式から購入するのがオススメです。

外部リンク:低温調理器 普及キャンペーン by BONIQ

アマゾン、楽天市場といった通販サイトでも購入可能なのでこちらも御覧ください。

コメント