AnovaとBOINQの比較

低温調理器は様々なメーカーから似たような製品が販売されています。その中からAnovaと同程度の製品のBONIQを比較します。

はじめに

近年話題になる低温調理は、厳密な温度管理が必要なため専用の調理器具を必要とします。

いち早く器具として話題に上がったAnovaは低温調理の代名詞とも言えるくらいネームバリューがあり、プロや感度の高い人達に普及しました。

しかし、低温調理器は構造が単純で類似品が多く価格帯も広いためどの製品を選んでいいか迷ってしまいます。また、Anovaを買うにしても2万円前後という価格はポンと出せるものでなく、失敗しない製品選びをしたい調理器具といえるでしょう。

そんな中、Anovaと同程度の価格帯のBONIQという製品が販売されおり、手元でいじる機会があったので比較してみます。

スペックの比較

公式から拾ってきた数字をもとにした比較表を次表に示します。

 Anova(Wi-Fiモデル)BONIQ
サイズ高さ37cm
幅7cm
重量1.2kg
高さ37cm
幅10cm 
重量1.2kg
出力900W800W
温度25-99℃5-100℃
時間99時間99時間
設定温度0.5℃刻み0.5℃刻み
分解能0.1℃0.1℃
取説英語日本語
アプリありなし
プラグ3P2P
製造国不明中国
保証2年1年

ざっとこんな感じです。

どちらも似たり寄ったりです。保証の長さが違ったり、日本語対応されているか程度になります。

それぞれの使用感

○Anova

加熱するだけなら取扱説明書を見なくても直感的に操作が出来て楽。単位を変えたりタイマーを使おうと思うと調べないとわからなかったりするのでユーザーを選びます。

プラグは3Pなので日本で使い場合は変換プラグか対応している差込口に指す必要があります。鍋との固定はネジなので取り付けがワンタッチとはいかずに少し手間。

ブランド力というか、持ってると物欲が満たされる。

外部リンク:Anova 公式サイト

○BONIQ

日本語の取扱説明書があるので操作に迷うことはありません。Anovaと比較するとちょっと操作が多いかなといった印象。中国製となっていますが、細部がちゃっちいとかマイナスな印象はなく品質の高い製品です。

プラグが2Pなので変換コネクタが不要なのがありがたい。また、鍋と本体を固定するクリップがバネなので取り付けが楽なのもいい感じです。

日本語のレシピ、比較試験の情報が充実していて販売、普及に大変力を入れているのが伺えます。

購入はアマゾン、楽天でも可能ですが、公式サイトだと10%割引のクーポンがあるので公式から購入するのがオススメです。

外部リンク:低温調理器 普及キャンペーン by BONIQ

BONIQを使ってみた細かな感想は別記事にしたのでこちらを御覧ください。

関連記事:AnovaユーザーがBONIQを使ってみた感想

おわりに

AnovaとBONIQは似た製品ですがそれぞれ違いがあります。

Anovaはいち早く市場を作った製品でブランド力があるのでそういったものが欲しい人やWi-Fi等で外出先から遠隔操作したい方向け。

BONIQは日本語のレシピ、比較試験、サポートなどが充実しています。また、プラグが2Pだったり鍋との固定部がクリップ式なのが地味に嬉しい。

ブランド力や設定の操作性はAnova、本体の扱いやすさや日本語のサポートなどはBONIQが優れています。

低温調理器は決して安い製品ではないので、英語が読めたり自分で調べながら操作することが苦でないならAnova、日本語の取説が欲しかったりサポートが受けたかったらBONIQがオススメです。

外部リンク:Anova 公式サイト

外部リンク:低温調理器 普及キャンペーン by BONIQ

コメント