鉄のフライパンにくっつかない餃子の焼き方

失敗しない方法を紹介。数々の失敗をもとに得たノウハウを公開します。

はじめに

鉄のフライパンは錆びる、焦げ付くと言われ避けられがちですが、育てれば一生もの。熱伝導も良いので少ないエネルギーで加熱できます。

一方テフロンのフライパンは経年劣化するので定期的な買い替えが必須です。

一生ものの鉄のフライパンを上手に扱うヒントになればと思います。

フライパンにくっつかない餃子の焼き方

コツは一つです。よく加熱すること。油を入れて煙がでるまで加熱すればくっつくことはありません。

それでは餃子を焼く手順の紹介です。

1.油を入れフライパンをよく加熱する
2.煙がモクモク出てきたら油を捨て弱火にする
3.新しく油を入れ餃子を並べる
4.数分焼いて焼き色を付ける
 (このとき、簡単にフライパンからはがれる)
5.お湯を入れ蓋をし、5分蒸す。目安は餃子が1/3浸るくらい
6.水がなくなったら周りに油を垂らす
7.1、2分焼いて完成 

焼き上がりはこんな感じです。

焼き終わったフライパンがこれ。

img_1612

表面にくっついている様子はありません。ちゃんと煙がでるまで加熱することで摩擦がへり、くっつくことがなくなります。

くっつかない理由

フライパンの摩擦が小さいほど焦げ付きがおきません。テフロン素材のフライパンが典型かと思います。テフロン素材は摩擦が小さいのが特徴です。その特徴を利用して作られたフライパンは食材が表面をすいすい滑り焦げ付きません。

一方で鉄のフライパンはしっかり加熱しないと焦げ付きます。これは、加熱することで脂肪酸、金属酸化物や水の介在によって金属石鹸をつくり潤滑効果をもたらすためと考えられています。

加熱不足の判断は使用する油から煙が出てきているかで判断でき、通常の油慣らしと呼ばれる調理前の加熱がこれにあたります。

おわりに

鉄のフライパンは扱いが難しいという印象があるかもしれませんが、焦げ付かない理由さえわかれば扱いは簡単です。

くっつかずに調理するには、油を入れ煙がでるまで加熱する必要があります。換気をしっかりしながらやりましょう。

参考資料

家政学会誌, Vol. 28(1977), 398-402

コメント