ハチャプリの作り方|グルジア(ジョージア)料理

ハチャプリはグルジア(ジョージア)のチーズ入りのパンになります。

はじめに

世界一日本人の口に合う美味しい料理と言われるグルジア(ジョージア)料理の中にハチャプリと呼ばれるパンがあります。

一般的なものはスグルニと呼ばれる酸味のある適度に塩辛い弾力性のあるチーズを入れるようです。しかし、自分の知る限り、国内でこれを手に入れられません。

スグルニでなくとも、入れるチーズは色々なものがあるようなのであまり縛られる必要もないかと思います。

今回はロシア料理のレシピ本にあるチーズで作ってみます。

作り方

吉祥寺のお店で食べれるハチャプリは、チーズをパイ生地で包んだものです。公開されているレシピには粉から作るものもありますが、市販のパイ生地シートを使って作ります。

◯材料
パイ生地シート    2枚
カッテージチーズ   100g
モッツァレラチーズ  100g
フェタチーズ     100g
卵          1/2

◯工程
1.パイ生地以外の材料を混ぜ合わせる
2.パイ生地でチーズをつつむ
3.180℃のオーブンで焼き色がつくまで焼く(15分くらい)

大した工程ではありませんが、一応途中の様子を紹介します。

まず、中身の部分を作ります。各種チーズと卵を混ぜます。

適当に混ぜたら次の工程へ。

次にパイ生地のシートにチーズをのせて包みます。

オーブンで焼き色がつくまで焼いて完成です。

ちょっと焼き加減が足りませんが、こんなもんでしょう。

味はよくあるチーズの入ったパンですが、塩加減とフェタチーズのクセのある香りがたまりません。モッツァレラチーズの伸び、フェタチーズの香り、塩気でスグルニに近いなにかになっているのでしょうか。かなり美味しい。

材料のチーズが余ったらトーストに乗せたり、レンジでチンしてバゲットに乗せたりして食べても良いかと思います。

おわりに

パイ生地を使うことで簡単にチーズパンを作ることができます。

チーズパンなので飛び抜けた美味さもありませんが、普通に美味しいものです。

このチーズの組み合わせが良すぎるのでパスタやグラタンにも使えたらなと思うところです。

関連記事:グルジア(ジョージア)料理レシピのまとめ 

関連記事:グルジア(ジョージア)料理に必要なスパイス、食材、調味料

参考資料

きょうはロシア料理

コメント