クリーミーで甘いホワイトサポテ

ほとんど流通していない果物です。

目次

はじめに

ホワイトサポテは、アメリカ大陸原産の果樹です。ミカン科の熱帯果樹らしいのですが、果実の皮も薄く、皮を剥いてもミカンの房のようなものもありません。植物の分類からは想像できない形状をしています。

日本では沖縄や和歌山で少量生産されており、一部がネット通販で入手可能です。収穫期は秋の10月くらいとのこと。甘くクリーミーな果物らしく、ネットで食レポを見てるとどんな果物なのか食べてみたくなります。

今回はたまたま入手できたので早速食べていきます。

ホワイトサポテの食べ方

ホワイトサポテも例によって追熟をさせて食べる果物です。追熟は常温で行い、柔らかくなって皮にシワがよってきたら食べごろとなります。食べる直前に冷やしておくと美味しく食べれます。

シワの寄り方がいまいちですが、柔らかく食べ頃を迎えた個体です。

中はこのようにしっとりクリーミーですごく美味しそうな見た目をしています。

ホワイトサポテの味

甘くクリーミーとのことですが、早速食べて確かめてみます。

確かに甘くクリーミーです。釈迦頭やポポーに近い食感でしょうか。味も釈迦頭とかアテモヤに近い感じがします。酸味や独特な香りもしないため、比較的食べやすい果物と言えます。

追熟が足りないと苦みを感じるので注意しましょう。

おわりに

ホワイトサポテは甘くて美味しい果物です。見かけたら手に取ってみましょう。

ネット通販だと10月くらいに和歌山の農家さんのショップに並ぶので、そのころになったらチャレンジしてみて下さい。

ショップページ:アボカドの橋爪農園

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次