流通していない果物「ミズレモン」

宮古島のお土産にもらいました。流通がなく幻と言われています。変わった食材をお探しの場合は即買い。

はじめに

ミズレモンはパッションフルーツの仲間です。

食べ方はパッションフルーツと同じで半分に切ってスプーンで種をすくって食べます。非常に甘みが強く美味しいですが、独特の匂いがあり好みが別れるとのこと。

市場にはほとんど流通していないので、本土ではなかなかお目にかかれないそうです。

友人が訪問した宮古島のお土産にもらったので早速食べてみます。

ミズレモンを食べる

いただいたミズレモンは2個。握りこぶしより一回り小さいくらいの大きさです。

黄色く表面はマットな質感です。さわり心地がとてもよくって軽くなでてるとなんとなく気持ちいい不思議な感じです。

それでは早速半分にしてみます。

パッションフルーツの仲間なので中身はパッションフルーツと大差ありません。

さて、その味ですが、確かに甘いです。でも匂いが独特で少し苦手。なんだか有機溶媒系の匂いに近い感じかな。好きな人は好きなんだろうなと思う。

種はカリカリしてて食感が面白く、噛むとほんのり酸味がします。そのまま噛まずに飲み込んでしまってもよさそう。

レモンという名前が付いていますが、レモンのような柑橘系の香りも強い酸味もありません。名前変えたらと思うくらい名前からのイメージと味が違います。

食べ終わると中身はこんな感じです。

突起に嫌悪感が。なんだかゾクゾクする。

おわりに

ミズレモンは、独特な香りがありますが甘く美味しい果物です。

名前から想像する味とは全く違い、大変ユニークな味わいがします。

流通はほぼないので見かけたらぜひ購入してみてください。

フォローする