過炭酸と次亜塩素酸を使った洗濯機の洗浄

洗濯機の洗浄には酸素系と塩素系の2種類の洗浄剤が販売されています。それぞれの特徴を理解して組み合わせることで最高のパフォーマンスを発揮します。

はじめに

洗濯機の洗浄には、カビキラーのような次亜塩素酸を使うタイプや酸素系の粉を溶いて使用するタイプの2種類があります。それぞれ効果のキモとなるのが漂白剤になります。

漂白剤は、塩素系と酸素系で得意とする領域が異なります。目的に合った仕様方法や組み合わせての使用で効果を最大限に発揮することが可能です。

塩素系漂白剤

液体の塩素系漂白剤は、次亜塩素酸ナトリウムを含み非常に酸化力が強いのが特徴です。酸化力が強いため、漂白や微生物の殺菌に大して高い効果を発揮します。しかし、柄物の衣類の占領も同時に漂白してしうまうので何にでも使用できるというわけではありません。

洗剤のような汚れを浮かせて洗い流すのではなく、分子レベルで結合を切って色を消すといったところです。

酸素系漂白剤

粉末の酸素系漂白剤は、過炭酸ナトリウムを含みます。炭酸ナトリウムと過酸化水素が2対3で結合した物質で水によく溶けます。酸化力は次亜塩素酸に比べると劣りますが、漂白能力や殺菌能力をもっています。

過酸化水素が分解して酸素を生じるため、汚れを浮かせる効果があるのが特徴です。

洗濯槽の汚れ

洗濯槽の掃除をする前に対処する汚れについて理解を深めましょう。

洗濯槽には微生物の代謝したバイオフィルムと呼ばれる付着物がついています。スライムやヌメりと呼ばれるバイオフィルムは、様々な微生物種が共同生活をしている城のようなものです。

殺菌するための薬剤は内部まで届かないので殺菌することができません。また、付着性が非常に高いため、通常の水洗いや界面活性剤程度ではびくともしません。排水口の掃除が大変なのと同じです。

このバイオフィルムを除去するために漂白剤をうまく使いましょう。

洗濯槽の洗濯方法

ちょっと遠回りになりましたが、洗濯槽の洗浄をしていきます。

まず、酸素系漂白剤でバイオフィルムや石鹸カスを浮かせ除去します。それから塩素系漂白剤を使用して残った微生物を退治します。

より具体的には

1.洗濯槽に50℃のお湯をはる。
2.過炭酸ナトリウムを溶かし10%の濃度にする。
3.よく溶かしたら1-2時間浸漬。時々回しながら浮いてきたゴミを取る。
4.脱水、すすぎ。
5.塩素系の洗浄剤で規定通り洗浄。(洗濯槽カビキラーでOK)

といった感じです。

洗浄前の洗濯機はこちら。お湯はとてもきれいで汚れているようには見えません。

過炭酸を入れよく溶かした後の様子はこちら。汚れが溶け濁り、バイオフィルムが浮いてきています。

網ですくってみると赤茶けた汚れがとれます。こんな中で洗濯してたと思うとちょっとね。

後は脱水してすすぎ、洗濯槽カビキラーを使っておしまい。

見栄えする写真類はなく、データで示せるものもありませんが、それなりの理屈を持って洗濯槽を洗ったので洗濯槽の掃除はおしまいです。

過炭酸でバイオフィルムを除去してから次亜塩素酸で槽内を殺菌してとてもきれいになってるはず(理屈上)。確認しようがないのが難点だけど、家庭でやるぶんにはこんなもんでしょう。

おわりに

今回、1年ぶりに洗濯槽の洗浄を行いました。もっと汚れているかと思いましたが、それなりに汚れを落とすことができたかと思います。洗濯機の取扱説明書には3-4ヶ月に1度と記載されているので、今後は季節ごとに洗って清潔に保つようにします。

着た衣類は毎回洗濯しても洗濯槽はあまりしてないという方も多いと思います。気温が高く雑菌の繁殖しやすい夏が終わり、汚れの溜まった洗濯槽を掃除してみてはいかがでしょうか。

過炭酸ナトリウムは店頭であまり見かけないので通販での入手がオススメです。

アマゾンでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

フォローする