台湾拉麺の素を使った台湾混ぜそばの作り方

本格的で美味しいエバラ食品の台湾拉麺の素を使って作ります。

はじめに

台湾まぜそばはピリ辛の肉味噌と薬味、鰹節や海苔と卵を混ぜて食べる丼ものです。

美味しさを左右するのは肉味噌なので肉味噌づくりに失敗しなければ美味しいものが作れます。肉味噌は様々な調味料が用いられますが、素を使えば簡単です。素は手抜きで味も落ちるでしょと思われるかもしれませんが、エバラ食品の台湾拉麺の素は本格的で美味しい製品です。

二度目の開発をしない、じゃないけど完成度の高い調味料があるなら使わない手はありません。

ボトルには分量までは記載されていませんが、本記事では分量も紹介します。

肉味噌の作り方

分量は次の通りです。肉の量に応じて素を調整して下さい。

〇材料
ひき肉    100g
台湾拉麺の素 大さじ1

あとは簡単でフライパンでひき肉を炒めて火が通ったら素を加えてグツグツしたら完成です。

ひき肉にはしっかり火を通してちょっと硬くなるくらいが食感がよく美味しくなります。

うちではある程度まとまった量をつくり、冷蔵庫や冷凍庫で保存して食べます。食べきる目安は冷蔵庫で1週間、冷凍庫では1ヵ月を目安に食べきりましょう。

香りを良くしたい場合、ごま油を引いてニンニク、唐辛子、花山椒を加え加熱してから肉味噌を作るとより刺激的な肉味噌になります。

台湾混ぜそばの作り方

〇分量一人分の目安
肉味噌  100g
ニラ   大さじ3
ネギ   大さじ3
鰹節   大さじ1
海苔   大さじ1
卵黄   1個
麺類   1人前(ご飯でもOK)

綺麗に盛り付けても混ぜてぐちゃくちゃになっちゃうんですけどね。

味は本格的。お店で出てくるのもこんなもんでしょってくらいの美味しさ。市販の調味料を使って混ぜただけとは思えないくらい簡単で美味しいです。

うどんや中華麺だけでなく、ご飯でも美味しくいただけます。肉味噌はパンにぬってもいいし、そのままおつまみにもなるかと思います。

おわりに

台湾混ぜそばの素を使うと簡単にピリ辛の肉味噌を作ることができます。冷蔵庫なら1週間くらいもつし、冷凍すれば1ヵ月程度は保存可能です。

簡単で本格的なのですが店舗販売している場所が少ないので通販をご利用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました