賞味期限が6年過ぎた帆立貝柱水煮缶を食べる

発掘した賞味期限切れの缶詰を食べます。今回は帆立の水煮。

はじめに

缶詰は製造工程で高温高圧で処理され殺菌されます。この条件が過酷なため、ほとんどの菌は死滅してしまいます。

缶詰が長期保存にむくのはこのためです。賞味期限がちょっと過ぎているくらいでは問題ありません。

今回賞味期限が6年過ぎた缶詰を見つけました。開けて調理してみます。

外観

ニッスイ製の帆立貝柱水煮缶です。缶に膨張や腐食はありません。

2011.11.7が賞味期限です。6年ちょっと過ぎています。

開けてみます。特に変わった様子はありません。

包み紙を開くと普通。ちょっと色が濃い?匂いも味も特に変なところはありません。

缶の内部も綺麗。

調理例

シチューに入れてみます。貝類の旨味成分のコハク酸がいい仕事をしてくれるでしょう。

普通に美味しくいただけました。何も問題なく食べれます。やっぱり新物と比べないとわからないのかなと思います。

6年前との違い

価格
現在は550円くらい。安くてもこれくらい。缶に当時の値札が残ってて450円と書いてあります。100円くらい上がっている模様。

重量
現在は120g、6年前は135gで15g減っています。量が減って価格が上がっています。

値段だけ上がっているわけではなく、内容量も減っていることがわかりました。ざっくり10%の量が減ったのに価格は20%上がってる状況です。gあたりの価格にすると3.3g/円が4.6g/円でしょうか。思いの外あがっていますね。

おわりに

賞味期限が6年過ぎた缶詰を食べたけど、特に味がおかしいとか匂いがヤヴァイとかありません。なんも面白くないくらい普通でした。新物と比べたらうまかったのかもしれません。記憶が鮮明なうちに買ってきて検証してみます。

コメント