牡蠣の塩辛のアヒージョ

自作した牡蠣の塩辛をつかってアヒージョを作ります。

はじめに

牡蠣の塩辛は塩気が強いですが、貝類の旨味成分が多くいろいろな料理に使えます。家庭でも手軽に作れるので詳しい作り方はこちらを御覧ください。

関連記事:牡蠣の塩辛の作り方

半年間の熟成を経たものがこちらになります。だいぶ熟成が進んでいます。変な匂い、味、ぬめりというのはありません。

アヒージョの作り方

◯材料
ブロッコリー(冷凍) 100g
舞茸(冷凍)     1/2パック
シーフードミックス 80g
牡蠣の塩辛     1個
オリーブ油     100cc
ニンニク      7片

作り方は蓋をして火にかけて10分ほど煮立てて終わりです。難しい手順はありません。

仕上がりはこんな感じ。

実食

魚介類の出汁がきいててとても美味しいです。牡蠣の旨味と塩っけがちょうどいい感じ。他の食材の味も邪魔しないし、発酵食品独特のくさみもありません。名脇役と言った感じ。

魚介類を用いたアヒージョの相性は抜群でした。アンチョビ使うより美味しいです。

おわりに

物は試しに作ってみた牡蠣の塩辛は万能調味料として使えそうです。特にアヒージョとの相性はよく塩っけと旨味は最高でした。

牡蠣があれば塩をふっておいておくだけで完成します。手軽でうまい調味料として我が家では冷蔵庫の一角にいてもらおうと思います。