珍スポット好きが行く小豆島観光

ちょっと変わった場所を交えて小豆島の魅力を紹介します。

はじめに

小豆島(しょうどしま)は瀬戸内海で橋でつながれてない最も大きい島で外周約120km弱、標高800mくらいになります。

めっちゃめちゃ広くてじっくり観光するなら数日を要します。

そんな小豆島ですが、主要なスポット以外にも大変魅力的な大阪城築城石の丁場があり見学可能です。

具体的なルートは土庄港から島を反時計回りで一周する形になります。移動はレンタカーです。1日ガス代込で1万円しません。

それでは撮りためた写真と訪問した場所をつらつら紹介していきます。

エンジェルロード

言わずと知れた小豆島の腫瘍観光スポット。干潮時のみ砂浜が現れて島へ渡ることができます。手を繋いで渡ると幸せになるってなんともお花畑な売り込みがされています。カップルが多いので注意されたし。

世界一短い海峡

なんとなく通過してしまいがちな水路ですが立派な海峡です。

マジかよってくらい短くてびっくりします。

役場で渡航証明書を有料で発行してもらえるので行った記念発行してもらいましょう。

オリーブ畑

小豆島と言えばオリーブ。島の至る所に植樹されています。

オリーブ園の風車でホウキにまたがってジャンプしてる観光客が多く、映スポットのようです。

醤油蔵

醤油も名産としてしられています。とても美味しく取り寄せて常用したいくらい。

そうめんの製麺所

併設されてる食堂で一玉食べたけど、めっちゃおいしい。乾麺なのに生めんみたいでのど越しもつるん。お土産にオリーブ練りこんだ緑のそうめんもあるのでお土産にいかがでしょうか。

天狗岩丁場

小豆島で一番オススメの場所です。あまり有名でなく、他の観光客もあまりいません。

ここは、大阪城の築城石を切り出した露天掘りの丁場になります。400年以上前のミノのあとや刻印が残っており、特に歴史好きにはお勧めしたい場所です。

切り出してる途中の岩や馬鹿でかい岩、運ばれずに残った色々な岩が見れます。自分だけ盛り上がって友人はポカーンでした。蚊が多いから虫よけ、ムヒなどを用意するのをお忘れなく。

島の南側を一望できてすごくいい景色です。下りはブレーキだけだと危ないからエンブレ聞かせてゆっくり下って帰りましょう。

移動手段

レンタカーがオススメ。こんなに広くて高低差のある島で自転車は無理。ガソリンも入れずに帰してOKだし、保険こみで一日9000円くらい。一人だったら原付が良いかと思います。

オススメのお土産

○そうめん
島内には製麺所があり、食べることも購入することもできます。特にオリーブが練り込まれた緑色のそうめんは風味が最高に良かったです。

楽天での購入はこちら

○オリーブ製品
オリーブの実の新漬けがめっちゃ美味しくて大変好評でした。ほんのり塩味でスーパーで売っているものとは風味が全然違います。

楽天での購入はこちら

感想

銀行もあるし、セブンも複数ある。伊豆七島なんかよりよっぽど便利でびっくりした。そして島が広いこと。回ろうと思っていたところを全然回れず、半分くらいしか見れなかった。たぶんじっくり観光しようと思ったら2日とかかかるんじゃないかな。今回は雲が多くて空が残念だったけど、晴れてるときに再訪したいです。あと、きれいな夕日とってみたい。

アイキャッチは土庄港にあるオリーブの葉にメッセージの刻まれたオブジェです。ライトアップされるので夕方に行けばこんな感じでとってもきれいな姿を見ることができます。

タイトルとURLをコピーしました