ノンボトル・ウォーターサーバー(ROろ過装置)

シェアする

ほとんどの不純物を除去可能な家庭用ROろ過装置を導入すれば水に対する不安はほとんど取り除くことができます。

はじめに

これまで、水関連の商品は様々なものが販売されてきました。

現在、主流なのは水タンクを交換するウォーターサーバーです。このタイプの製品は、水タンク受け取るために家にいなければいけなかったり、水の在庫を抱えなければならないものでした。また、水の保存は完璧でないのでカビが混入するといったニュースが度々見られます。

こういった水タンクを交換するものではなく、水道に直結してろ過する製品も販売されており、最近注目を集めているのは小型のROろ過装置です。

この製品は高価な機械を買わなければいけませんでしたが、レンタルするというものもあります。

外部リンク:ROろ過ウォーターサーバー「CoolQoo」クールクー

RO(逆浸透膜)について

Reverse Osmosisを略してROと言います。意味は逆浸透。料理のところでみんなが大好きな浸透圧、半透膜を利用した究極のフィルター技術、製品になります。

逆浸透膜の特徴は孔がめちゃくちゃ小さいことです。その大きさは直径1nm前後。水分子の大きさが0.4nm程度なのでいかに小さいかお分かりいただけると思います。

この分離膜でろ過すれば、水に含まれる不純物(微粒子、ウイルス、微生物、カビ、重金属)がほとんど取れてしまうというわけです。

分離が困難な塩なんかも95%以上除去できます。また、放射性物質のセシウムの同様に除去可能です。

RO(逆浸透膜)のデメリット

このろ過装置のデメリットは大きく2つあります。

まず、普通の蛇口にポンと付けてろ過するよう一般的な浄水器のような運用ができないことです。

先程説明したように、ろ過孔が非常に小さいため、水をすべてろ過するとすぐに目詰まりしてしまいます。そのため、すべての水を濾過せずに一部の濃縮された水を排水します。また、運転にはある程度の水圧が必要なため、動力が必要になります。

これは産業用機器でもラボ用の卓上のものでも同じなので避けられません。

ちょっと水がもったいないかもしれませんが、工場で充填されたボトルを配送するために車を使ってガソリンを燃やすくらいなら、家で濾過して排水を出したほうが良いんじゃないかなと思います。

次に、ろ過で得られる水量が少ないことです。飲料や料理用で使う量はすぐに得られますが、すぐに多量のろ過水を得ることはできません。

これは先程の内容と重なりますが、ろ過孔が小さいこと、ろ過器が卓上なのでろ過面積が少ないので得られる水量が少ないためです。

時間をかけて貯めれば多量に使用できますが、蛇口をひねってジャージャー使うような使い方はできません。

逆に言うと、たくさん濾過できる膜はスカスカなので不純物もダダ漏れということも言えるのでこれは水に何を求めるかによって変わる問題です。

レンタルのいいところ

消耗品を買う必要がありません。

逆浸透膜は、非常に高価です。また、運用が難しく、目詰まりを激しく起こした膜は交換以外に対処法がありません。

ろ過装置を購入して設置したけど目詰りさせてしまったら、高価な膜を購入して交換する。ちょっと考えただけでゾッとします。

でも、レンタルであればレンタル費用にこういった高価な消耗品の費用は含まれています。

どこがいいのか

月額使い放題5000円くらいでオカルト、疑似科学的な何これって思うワードが出てこないところ。

外部リンク:ROろ過ウォーターサーバー「CoolQoo」クールクー

技術的な説明は多くありませんが、水回収率がしっかり設定されていること、水処理技術者曰く変なものが付いていないとのこと。

水素水オプションがありますが、水素水を扱っているイコール疑似科学を使ってお金儲けをしているというわけではありません。

お客さんからの要望があったら売るのが商売の基本です。Q&Aにはお湯には含まれていないと記載されているので科学リテラシーがあることが伺えます。

造水量の制限は受けますが、月額5000円弱で使い放題は良いかもれません。

おわりに

ボトルの受取、置き場、交換といった手間のかかるウォーターサーバーですが、水道直結型のROろ過装置に置き換えればこれらの煩わしさは解消されます。

そのまま飲んでもいいし、料理に使ってもよし、究極のろ過技術を家庭で使える便利な時代だなーと思います。

詳しくはメーカーHPを御覧ください。

外部リンク:ROろ過ウォーターサーバー「CoolQoo」クールクー