洗濯機につけた自作マグネットボックスの作り方

はじめに

マグネットボックスはマグネットシートや磁石が埋め込まれた製品で、洗濯機や冷蔵庫に設置して小物入れにすると大変便利な製品です。

市販品にも色々サイズがあるのですが、自分の使いたいちょうどいいサイズがなかったりするので作ってみしまおうという話になります。

あと、ちょっとした物なのにちゃんとした物を買うと1000円とか2000円とかしてしまうので、あんまり金をかけたくなかったり気に入った見た目の箱を設置したい場合なんか自分で作ってしまいましょう。

今回は、洗濯機に小型のゴミ箱を設置します。もともと洗面所にはゴミ箱を置いていましたが、床に物を置いておくと、置いた場所に埃が溜まったりするのでなるべく物を置かない空間にしたいと考えたからです。

作り方

すごく簡単です。箱とマグネットシート、ハサミやカッターがあればすぐに作れます。

〇材料

  • プラ箱
  • マグネットシート(粘着付き)
  • カッターorハサミ

材料はこれだけです。

詳しい作り方ってわけじゃないけど、一応写真付きで紹介します。

まず、材料はこちら。手ごろな大きさの箱とマグネットシートを用意します。

箱の多きさに収まるようにカットします。粘着のシールをはがして粘着と箱をくっつけます。

あとは洗濯機に設置しておわり。

これで床置きのゴミ箱が消えます。足元からゴミ箱が消えるので倒したり、掃除のたびにどかす手間がなくなって少しだけ使い勝手のいい洗面所へと変わります。

引っかけてひっくり返してしまいそうな場合は人の動線からずらせば問題ないでしょう。

おわりに

箱と粘着付きのマグネットシートを使えば洗濯機や冷蔵庫に好みの箱を設置できます。箱をいくつか置く場合、色や形、大きさを統一すれば見た目も良くなります。

簡単なDIYになりますが、良さそうな既製品がない場合はお試しください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください