モバイルバッテリー2個持ちのススメ

使いたいときに残量がないということを防げます。また、災害時に特に有効なので2台持ちがオススメ。

メーカーはAnkerかcheeroの製品を選びましょう。

はじめに

スマートフォンを使用するとき、電池の残量が気になりませんか。特にIngress、ポケモンGO、ドラクエウォークなど、GPSを利用したアプリの使用時に充電器を持ち歩かなければすぐに電池切れになり遊べません。

対策としてモバイルバッテリーをお持ちの方がほとんどかと思いますが、多くの方が1個しか持っておらず、いざという時に使おうと思ったら残量が足りない経験をしていると思います。

モバイルバッテリーは2個用意しよう

なぜ、2個なのか。

1個で運用している場合、充電時は使用できません。また、充電にかかる時間も長く、容量の大きいモバイルバッテリー程使用できない時間が長くなります。

そこでモバイルバッテリーを2個用意して交互に使用/充電をすると、常にバッテリー残量が満タンのものを持ち出せます。

これは日常生活だけでなく非常時にとても有効です。モバイルバッテリーは僅かではありますが、自然放電をするため定期的な充電をしないとからっぽになってしまいます。そのため、定期的な充電がアナウンスされていますが、知っていても行動に移せる人はごく僅かです。

災害時に使えるようにするためにもモバイルバッテリーは2個用意して交互に使うようにしましょう。

オススメのモバイルバッテリーメーカー

様々なメーカーから様々な容量のものが販売されていますが、モバイルバッテリーの選定はさほど難しくありません。実績のあるメーカーと自分の持ち歩ける重さ、容量のモデルを選ぶだけです。

オススメのメーカーはAnkerかcheero。これらメーカーの製品であれば間違いないでしょう。

どちらもいち早く高出力、大容量の製品を市場に投入してGPSを利用するゲーマーたちに受け入れられたため、圧倒的なシェアを持っています。その評判は口コミやレビューサイトを見ればわかると思います。

どちらが良いかというのはなく、好きな容量とデザインで選んでしまっても構いません。

ダンボーモデルや軽くて小さめのモバイルバッテリーを使いたいならcheero。容量は正義ならAnker。私はどちらの製品も持っており使用していますが、優劣はつけられません。

Ankerはリコールを出していただろ、と言いたくなる方もいるかと思いますが、不具合を隠さず製品を作っているということなのでプラスに捉えましょう。

モバイルバッテリーは大変エネルギー密度が高いため、小さい爆弾といっても過言ではありません。よくわからない安いメーカーを選ばずにちゃんと実績のあるメーカーを選ぶのが吉です。

モバイルバッテリーの容量と使用回数雑感

メーカーも容量もバラバラですが、数多くのものを使ったのでその特徴を紹介します。数字は目安で。

5000mAh前後のもの。

スマホを1回充電できます。近所のお出かけにはピッタリ。GPSを利用したゲームをする場合は容量が小さいため不向きでしょう。完全にお散歩仕様です。

10000mAh前後

スマホを2、3回充電できます。このクラスになると、Ingress、ポケモンGO、ドラクエウォークを遊びながら持ち歩くのにピッタリです。容量の割に軽いので持ち歩くのに最適です。

朝から夜中まで一日中IngressやポケモンGOをプレイすると電池はからっぽになってしまうので、容量が不安な方はもう一つ大きめの容量を選びましょう。

20000mAh前後

1日で使い切ったことがない。概算ですが6回前後充電できるはず。満充電なら数日使えるので1個しかもっていないと充電することを忘れてしまいます。

充電時間も長くなるので2個持ち交互に使用するのがオススメ。

 

色々な容量を使用しましたが、Ankerの10000mAhのものが一番使いやすく感じました。理由は軽いこと、容量が大きすぎないためモバイルバッテリーの充電にそこまで時間がかからないことがあげられます。

容量や重さに違いはあれど、2個持ちをしておくとストレスなく持ち出せて何かと便利です。旅行には2個持っていって友達に貸したり、停電時にも電池残量を気にせずに使えますしね。

おわりに

モバイルバッテリーはエネルギー密度が高いため、小型の爆弾と言っても過言ではありません。安くて怪しいメーカーではなく、信頼のできるAnkerやcheeroがオススメです。

大容量ならAnkerがオススメ。ちょっと重いのは難点ですが、いざという時に大活躍します。

一番使いやすいのは容量と重量のバランスがいい10000mAhくらいものも。ハードに朝から晩までゲームをやり続けなければこれ。

デザインならcheeroがオススメです。ダンボーモデルは特に可愛い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました