繰り返し使える「ハクキンカイロ」

使い捨てカイロより発熱量が多く、ゴミも出ないハクキンカイロを紹介します。

はじめに

ハクキンカイロは、触媒を使って低温で燃料を燃焼させることで熱を得られます。活性化エネルギーを下げることが身近で目に見える点は非常に魅力的です。

使い捨てのようにゴミも出ず、何度も使用できて1回あたりの発熱量も桁違いに大きく経済的なカイロといえます。

外観

ステンレスの鏡面加工がされています。滑らかにカーブしていてとても美しい。高級品といった感じがします。

img_1633

蓋がガタつくこともなくすっとハマります。加工精度もすばらしい。

使い方

蓋と火口を外して燃料を入れます。計量は付属のカップで行います。燃料を入れたら火口を取り付けてライターの火をそっと近づけて完了。

火がついているかの確認は唇を近づければ熱で判断できます。暗所であれば目視で火が見えるでしょう。

img_1640

触媒で低温で燃焼しているようすが見えると思います。

1年に一度、火口の交換が推奨されていますが、2、3シーズンは持ちます。性能が落ちたものは洗浄によって性能が回復すると言われていますが、未検証なので検証したら記事にしようと思います。

ハクキンカイロの火口は褐色ですが、ZIPPOは白色です。ZIPPO用の交換用火口は見当たらないですが、ハクキンカイロのものを使えば問題なく使えます。

外部リンク:ハクキンカイロ 換火口 1個入

使用感

一度火をつけると素手で触るにはちょっと熱いくらいになります。付属のフリースに入れて使用するのですが、マジで温かい。真冬の夜でもこれをお腹や背中に入れておくだけでポカポカです。

ただし、ちょっと残念なところもあって、燃料が少し臭います。有機溶媒独特の臭いです。苦手な人は本当に駄目なようなので使用場所を工夫して臭わない場所に置く必要があります。

あと、燃焼で水も出てくるのでちょっと湿っぽくなります。湿度の低い冬にはかえっていいなんて言う人もいますが。

携帯燃料容器

燃料の容器は色々出ていますが、最も安全なのがアルミ製のフューエルボトルでしょう。

ナルゲンの容器を進められていますが、PP素材はヘキサンやオクタンなどの成分に対する耐性は文献値上あまり高くありません。物は試しに1シーズン使用してみましたが、液漏れや破損なく使用できたのでナルゲンでも問題なさそうです。

ナルゲンのほうが小型ボトルもあって持ち運びに便利。材質に不安が残るのですぐ使用する場合に入れて使い切って長期保存しない運用をすれば問題ないかと思います。

外部リンク:nalgene(ナルゲン) ドロップディスペンサーボトル 60ml

外部リンク:広口フューエルボトル400ml 

おわりに

ハクキンカイロは燃焼機構、外観など中2心をくすぐるすばらしい製品です。性能も申し分なく大変暖かいので使い捨てカイロの発熱量に物足りなかったり、ゴミが出るのが経済的でないと思えるならこれをおすすめします。

コメント