トウモロコシごはん改

芯は醤油をかけて軽く焼いてから一緒に炊き込みましょう。

はじめに

トウモロコシの芯を捨てずに炊飯器に一緒に入れて炊くと美味しいという話を聞いて試したのですが、いまいち物足りない。

ということで、香りやうま味を少し足せればと考え、芯に醤油をかけて焼いてから炊き込んでみます。

アレンジ系のレシピだと、変な調味料を使ったり、そもそも美味しくないとかいろいろです。しかし、トウモロコシと醤油は、焼きトウモロコシで親しまれているので、すんなり受け入れられると思います。

作り方

〇材料(2人分)
米      2合
トウモロコシ 小型2本(大なら1本)
醤油     適量芯にかける程度

〇工程
1.加熱したトウモロコシから粒を外す
2.芯に醤油をかけ焼く
3.炊飯器に米、水、トウモロコシの粒、焼いた芯を加え炊く
4.炊きあがったら芯を取り出し混ぜて完成

と、ざっくりはこんな感じです。特に複雑なことはありません。

トウモロコシの芯にかける醤油はこの程度です。多ければ落ちるし、あまり気にせずどばっとかけましょう。

芳ばしい香りをつけたいので焼きはしっかり目に。醤油のいい香りを出したい場合は醤油を二度がけして二度目の焼きは軽めにします。

これを炊飯器に入れます。

炊きあがります。

盛り付けます。

さて、その味ですが、未処理の場合は甘味が強いのに対し、芯を醤油と一緒に焼いたほうは芳ばしい香りが付与され美味しくなります。

色味も炊き込みご飯系の茶色っぽい感じがいい感じです。

おわりに

トウモロコシの芯は、焼き色をつけることで良い香りとうま味がアップします。

出汁を出す材料なのでしっかり焼くのはやはり正解なんだなと思います。特に醤油との相性は抜群で焼きもろこしとして慣れ親しんだ味と香りなのでご飯に使っても安心した美味しさとなるでしょう。

美味しいトウモロコシを入手したら是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました