高価な烏骨鶏の卵を食べる

物凄く美味しいといわれる卵。道の駅やJAの直売所で販売されていることがあるので購入して食べてみます。

はじめに

烏骨鶏は皮や肉、骨に至るまで黒いことで知られる鶏です。中華一番では気味の悪い鶏だがめちゃくちゃ美味しいみたいなことを言ってた気がします。

その卵もとても美味しいらしくいつかは食べてみたいなと頭の片隅にあったのですが、1個200円前後するため購入する踏ん切りがつきませんでした。

清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入を決めたので食べてみます。

烏骨鶏の卵

全身黒の鶏ですが卵は普通です。

白身も黄身も同じで黒いわけではありません。普通の鶏卵と異なるのは大きさです。鶏卵は1個70g前後なのに対して烏骨鶏の卵は35g程。

価格は鶏卵が1個20円なのに対して烏骨鶏の卵は200円です。1gあたりの価格は20倍でただただ高いなといった印象ですね。

価格の高い理由は飼育難易度の高さと産卵数が少ないことによるものです。非常に高価ですが、大変美味しいとのことなのでさっそく卵かけご飯にしてみます。

シンプルに醤油を垂らして食べます。

さて、その味ですがびっくりするくらい美味しい。生卵独特の臭みみたいなのがない。毎朝これを食べれたらどんなに幸せか。

1個200円くらいするので庶民が毎日というわけにはいきませんね。

おわりに

烏骨鶏の卵は大変美味しい卵です。

こんなおいしい卵があるなら毎日食べたいと思うくらい。でもやっぱり価格が高く卵自体小さいため、これは自分へのご褒美()くらいにしておこうかな。

購入はJAの直売所や道の駅で販売しているところがあります。

通販なら容易に入手できるので食べてみたい方は通販も検討してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました