毒があるといわれるヒョウタンを食べてみた

毒があるから食用できないと言われていますが、苦みの少ないものは食べれるのかなと思い少量食べてみました。品種改良したものはユウガオなのでそっちを食べればいいじゃんって話なんだけど、それはそれ。食べてみたかった。

はじめに

ヒョウタンにはククルビタシンという毒が含まれています。すべてのヒョウタンに含まれているわけではなく、比較的含有量の少ない個体もあるとこのこと。毒自体は強い苦みを呈するので、ズッキーニと同じように苦くないヒョウタンなら食べれるのではと思い食べてみました。

ヒョウタンを食べれるように品種改良したものが、かんぴょうの原料になるユウガオなのでそこそこ美味しいものと推測します。

食べ方

とりあえずソテーにしてみます。冬瓜は炒め物がおいしかったので。

まず、輪切りにしてみます。

冬瓜よりも身がしっかりしています。皮を落として焼いてみようと思います。

味付けはバター醤油にします。

両面に焼き色をつけて身が透き通ってきたら醤油を垂らして完成です。

盛り付けると結構おいしそう。

さてその味ですが、プリップリの触感で美味しい。苦みもほとんどなく、冬瓜に近い感じですね。

種も柔らかいやつなら癖もなく、結構いける。

試しに食べてみたかっただけなので完食はせずに少し食べて終わりにします。かなり美味しかったので、こいつを品種改良したユウガオはもっと美味しいんじゃないかな。

まだ見かけたことがないのでどこかで入手して食べてみたいところです。

苦みのあるウリ科の作物について

ユウガオはヒョウタンを品種改良して作られました。これで万全と思いきや、まれに苦みの強い個体にあたることがあるです。その場合はククルビタシンが含まれている可能性が高いため、食べずに廃棄する必要があります。

これはユウガオに限らず、ウリ科の作物に注意が必要でよく聞くのがズッキーニです。最近、スーパーにも並ぶくらい普及している野菜ですが、少しでも苦くて変だなと思ったら食べないようにしましょう。

他にも食用のウリ科の作物(キュウリなど)に強い苦みを感じた場合を避ける必要があります。苦みの強さはゴーヤを越えるものなんて言われていますが、ちょっとでも不自然な苦みだったら避けたほうがいいかもしれませんね。

おわりに

ヒョウタンは毒を含む場合があり食用には不向きです。毒の成分はククルビタシンという物質で苦みを感じるとのことなので苦みのないことを確認して食べてみました。

触感はプリプリとしていてとても美味しく、冬瓜より美味しく感じます。

ヒョウタンを品種改良したものがユウガオらしいのですが、ユウガオはまだ食べたことがないのでどんなものかわかりません。まぁ、ユウガオの元になった作物が似て非なるものってこともないと思うので、プリプリした美味しい触感なんだと思います。

参考資料

内閣府 食品安全委員会 ヒョウタンによる食中毒について

厚生労働省 自然毒のリスクプロファイル:高等植物:ユウガオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました