中央アジア風スペアリブ

シャシリクのマリネ液がお気に入りで様々な肉料理に使っています。今回はスペアリブ。

はじめに

ロシアやグルジアあたりの料理でシャシリクと呼ばれる串料理があります。

関連記事:シャシリク(羊の串焼き)|グルジア(ジョージア)料理

シャシリクは刻んだ玉ねぎやハーブ、香辛料でマリネしたものを焼くシンプルな料理です。マリネ液を用意すれば漬け置くだけなので作業も簡単。

しかもびっくりするくらい美味しいので色々な肉や料理に展開可能です。

今回はスペアリブのレシピを公開します。

作り方

○材料
肉      500g(好みの量でOK)
玉ねぎ    1/4個
ニンニク   1片
ショウガ   ニンニクと同量
クミン    小さじ1/4
コリアンダー 小さじ1/4
黒胡椒    小さじ1/4
ワイン    50mL
オリーブ油  大さじ1
塩      5g(肉の重さに対して1%)

ワインは白、赤どちらも違った美味しさになります。

白はフルーツっぽい上品な香りが付きます。赤は雑味が混ざりより美味しく。この辺は好みなので手元にあるワインでいいと思います。

辛味がほしい場合はカイエンヌペッパーを加えます。辛いのが苦手な場合は黒胡椒の辛味で十分でしょう。

○作り方
1.タマネギ、ニンニク、ショウガをすりおろし他の調味料、香辛料をすべて混ぜマリネ液を作る
2.マリネ液に適当に切った肉を加える
3.6時間以上つけ置く
4.200℃で30分焼く
(デロンギのオーブンの場合、コンベクション、中段で焼く)
5.加熱後、焼き色を強くつけたい場合は220℃にし、さらに5-10分焼く

オーブンを上手に使うコツは慣れることです。厳密な温度や時間の管理は難しいので、火を通すことと焼き色をつけることを分けてしまえばいいでしょう。

火は30分程度で通るのでその後に焼き色をつけたい場合、温度を上げて見ながら好みの焼き色まで焼くのが失敗せずに仕上げるコツです。

オーブンに入れるときにオイルプレートの下にアルミホイルを敷いておくと焦げ付きにくく手入れが楽になります。

焼きあがったら盛り付けて完成です。ベビーリーフなどの葉物を敷くとそれなりに見えます。

味は申し分なく、クミンの香りがとても良く美味しく仕上がります。

肉は固くなりすぎず、筋はそこそこ柔らかくなっています。マリネ液に塩が含まれているのでブライン液と同様の効果もあり肉がパサつくこともありません。

関連記事:塩水(ブライン液)で肉がしっとりする理由

このレシピは様々な肉料理に応用できるので色々お試しください。また、漬け時間が必要なため、キャンプやバーベキューへ持っていくのもオススメです。焼肉のタレとは違い強烈なうまそうな匂いは食欲をそそります。

おわりに

シャシリクのマリネ液は簡単に作れて肉を漬け置くだけでびっくりするくらい美味しく仕上げることができます。

骨付き肉なので食べごたえも十分です。串焼きの手軽さとは違い手で貪りつくのもいいでしょう。

串焼き以外にもフライパンで焼いたりチャーシューや低温調理のようなこともできそうなので今後書き足していこうと思います。

コメント