イズミダイの刺身を食べる

淡水魚独特の臭みが少しあるので薬味をつけて食べたりカルパッチョなど香りが強い料理にオススメ。

はじめに

イオンの鮮魚コーナーにときどき売っているイズミダイの刺身というものがあります。刺身で売っていたり刺身用の柵で売っていたりします。

その正体は淡水魚のティラピアです。かつては日本でも養殖され食べられていたそうですが、私には馴染みがないのでどういうものなのかわかりません。

淡水で刺身ってどうなのよっていう不安はありますが、養殖されているため刺身でも食べれるとのこと。他にも養殖ナマズも刺身で食べたりするので、イオンが販売してるからという理由だけで危険認定するほどのものではないでしょう。

外観と味

外観はサムネ通り、このとおりです。

名前に「タイ」とついているだけあって切身はタイそっくり。切身で隣り合うタイの切身と区別が難しいくらい似ています。

その味ですが、やはり淡水魚独特の臭みがあります。白身魚は身が硬い印象がありますが、若干柔らかめ。口に入れるとやっぱり違う魚だよねってのが正直な感想かな。

わさびを多めにつけて食べると、臭みがほぼ消えるのでそこそこ美味しくいただけます。また、生姜や青じそなんかも相性がいいのでオススメです。

素材そのものの味だけで勝負すると微妙ですが、ちゃんと合う薬味を使うことで美味しくいただけます。

おわりに

イオンでもよく売れ残っているイズミダイ。薬味をうまく使えば臭みは気にならないので試しに食べてみてもいいと思います。

味はそこそこなので、ジェネリックなタイと思ってみんなで集まって変わったものを食べるなどして消費してもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました