栃尾の油揚げの食べ方

新潟の栃尾には巨大な油揚げがあります。地元は栃尾ではありませんが、新潟の親戚が食べている食べ方をいくつか紹介します。

はじめに

栃尾の油揚げは、栃尾で作られる巨大な油揚げです。昔は県内のスーパーでもあまり見かけませんでしたが、最近は県内外に限らず色々な場所で見かけるようになってきました。

大きいため食べごたえがあり、中に何かはさんだり、上に薬味などをのせるだけで簡単に1品料理になるので手軽さがウケて広がりを見せているのでしょう。

そんな栃尾の油揚げですが、新潟の一般家庭でどうやって食べるのかというのをさくっと紹介してみようと思います。

基本的な食べ方

凝った食べ方はしません。

共通するのはフライパンやオーブンで表面に焼き色をつけるくらいです。こうすると香りがとてもよくなり美味しくなります。あとはのせるものを変えるだけ。ネギ、鰹節、肉味噌、納豆など好きなものを気分で変えてのせて食べます。

家庭料理ではあまり凝った食べ方はせず、大豆製品を合わせて食べるのが一般的な食べ方です。

オススメの食べ方

新潟の食べ物なので、醤油の実という新潟の調味料を使うのがオススメです。

醤油の実は、豆や米、麦などを麹にして生しょうゆで発酵させたものです。新潟や山形で流通している醤油とも味噌とも違った大豆の発酵食品になります。ものにもよりますが味噌と醤油の中間のような感じです。

醤油の実をネギをのせて食べるととても美味しい新潟っぽい一品になります。

最近は醤油の実があまり売れずやめてしまうところもあるので広く知られてほしいなと思います。

外部リンク:醤油の実を探す|アマゾン

外部リンク:醤油の実を探す|楽天

おわりに

栃尾の油揚げは大きく食べごたえがあり、ちょこっとなにかをのせるだけで1品になります。迷ったら醤油、味噌、納豆などの大豆製品を合わせれば外れることはありません。

特に新潟で広く食べられている醤油の実は栃尾の油揚げと相性もいいのでぜひ試してみてください。

コメント