フォア汁

豚汁の豚をフォアグラに置き換え家庭料理に落とし込みます。

はじめに

フォアグラは鳥の脂肪肝です。

鳥の油は常温で固まらないので様々な料理のバリエーションがあるようですが、これまで口にしたのはほとんどがソテーでした。

あまり身近な食材でもありませんが、せっかく入手したので家庭料理に落とし込んでみようと思います。

とりあえず脂が美味しい豚汁の豚の代わりにフォアグラを使ったものを作ってみます。

作り方

◯材料 3-4人前
フォアグラ  100g
ニンジン   1本
ダイコン   1/3くらい
タマネギ   1/2
ゴボウ    1本
サトイモ   4個
コンニャク  1個
ネギ     1/2本
顆粒だし   大さじ1/2
味噌     大さじ2
醤油     大さじ1
水      700ml
ごま油    小さじ1

◯調理工程
1.食材を切る
2.フォアグラを炒める
3.水、顆粒だしを入れ煮立たせる
4.材料を入れ沸騰したら弱火で10分加熱して火を通す
5.味噌、醤油を入れ味を整えネギを入れ完成

特殊な工程は一切ありません。

それでは画像つきで調理工程を紹介します。

フォアグラ100gを細かく切っていきます。

ごま油で鍋を熱してから鍋にフォアグラを入れます。

脂を出し焼き色を付けます。

途中の様子。香りがおかしい。

焼き色が付いたら水、顆粒だしを入れ沸騰させます。黄金色の脂が神々しく感じます。

煮立ったら具材を入れます。

具材を入れたらゴボウをそぎ切りにして直接鍋に入れます。

昔はアク取りをしていましたが、アク取りの効果をあまり感じることがなかったのでやめました。味覚センサーではアク取りしないほうが性能がいいなんて結果がでるくらいなので、澄んだスープが欲しい時以外はしなくて良いんじゃないかななんて思う。

煮立ったら10分程弱火で加熱して食材に火を通します。

それから味噌、醤油を入れて味を整えネギを入れれば完成です。

さて、その味ですが、何とも言えないほんのりとした甘さとフォアグラ香りがとてもよく美味しいです。でも豚汁の親戚って感じで驚くような感動というわけではありませんでした。

上品な味わいの豚汁ってところかな。裏ごしすればフォアグラの味噌スープみたいな名前になりそうな感じ。

おわりに

豚汁の豚のかわりにフォアグラを使ってフォア汁なるものを作ってみました。

豚汁は豚の脂がないと美味しくないので、脂の固まりのようなフォアグラを使うことでなにか美味しいものができるんじゃないかと期待しましたが、期待が大きすぎました。

普通に美味しく、上品な豚汁のようなものを作りたい場合はフォアグラを使うことをおすすめします。