レーズン乗せ焼きカマンベールチーズ

オーブントースターで焼きカマンベールを作ります。自家製のラムレーズンを乗せて焼き、ハチミツをかけていただきます。

はじめに

チーズと糖分の相性はもはや説明不要でしょう。今回はトッピングにこの前作ったラムレーズンを乗せて作ります。

なんでもレーズンを加熱すると復活するとのことなのです。

焼きあがったらそのまま食べてもいいし、クラッカーに乗せても美味しくいただけます。

作り方

オーブントースターを強にして10分焼きます。直に熱が当たらないようにアルミホイルで遮るだけで過剰な加熱は抑えられます。

加熱前

加熱後

レーズンは復活していますが、一部が弾けてしまいました。パンパンでびっくり。焼くときは上部もアルミホイルで隠れるようにしないと焦げるので注意してください。これはあくまで撮影時に覆っていたアルミを取っただけ。

お皿に盛り付けてハチミツをかけて完成となります。

6等分してクラッカーに乗せて食べます。

貴族の味わいってところでしょうか。クラッカーの塩分、ハチミツの甘み、チーズの旨味と香りがとても合います。レーズンは表面がカリッとして微かに香りが残る程度です。

おわりに

レーズンをトーストに乗せて焼くと復活すると言われていましたが、加熱すれば復活するようです。レーズンの下に何があっても問題なさそう。

レーズンと焼きカマンベールの相性もよく、美味しくいただけます。

調理時間も短く、簡単なのでつまみでちょっと甘いのが食べたいときには最適です。

関連記事:枝付き干しぶどうを使った自家製ラムレーズン

フォローする