育てた鉄のフライパンを使う

よく焦げ付くと言われる目玉焼きを焼いてみた。

とりあえず普通に焼いてみるも惨敗。フライパンにくっついてしまった。理由をしれべてみると、火が強すぎることがあげられるらしい。特にテフロンから鉄に切り替えた人に多いとのこと。自分も多分このくち。参考程度に材料としての熱伝導率を。テフロンは薄いとはいえ鉄に比べると断熱材としか思えない数字。うーんこの。鉄のフライパンの扱いが難しいのはこの辺もあるのかな。なれるまでちょっと時間かかりそう。
鉄    84 W/m・K
テフロン 0.23W/m・K

調理に適した温度
調べてみると100-200℃の間が適しているとのこと。温度が高すぎても焦げ付き、低すぎてもくっつくとのこと。また、高温に加熱してから油をいれる油返しは必須。これを行うと、摩擦係数が低下して焦げ付きにくくなると報告されている。

実践
とりあえず目玉焼きを作ってみる。
油返しをして火を止めてフライパンを少し覚ます。火を弱火にして卵を投下。んで蓋をして蒸す。適当に時間がたてば完成。すると・・滑る滑る!もうテフロンと同じくらい滑る。
左に寄せて
img_1606
反対に傾ける
img_1605

感想
テフロンで全く苦労しなかった目玉焼きにここまで苦労するとは思わなかった。でも鉄のフライパンでもうまく行くし、一日で育てたフライパンもそこそこいけるやんってことで、これからも使い続けてみます。

参考文献
フッ素樹脂製品取扱マニュアル, 2013, p4
理科年表, 2003, p403
家政学会誌, Vol. 28(1977), 398-402

フォローする