オススメのノンカフェイン飲料

ノンカフェイン、カフェインレス、デカフェなどの定義の話をしつつ、飲んで美味しかったカフェインレスのペットボトル飲料を紹介します。

ノンカフェイン、カフェインレス、デカフェの違い

明確な違いについて定義のあるものはコーヒー飲料のみです。コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約及び施行規則(2019.08)によると、コーヒーやコーヒーを含む製品についてカフェインレスコーヒーと表示していいものは90%以上除去したものと記載されています。

市場にはノンカフェイン、カフェインレス、デカフェと記載されていますが、コーヒー以外は明確な基準はなく、各社が〇〇mg未満をノンカフェインやカフェインレス、デカフェと表示しているものと言えます。

摂取量について

日本では明確な基準はありません。しかし、海外では国や地域によって基準に差はありますが、次表に示すような数字が存在します。


参照 コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約及び施行規則(2019.08)より

カフェインは赤ちゃんや子供よくないから摂取量は0にしなければいけない、というわけでなく、少量であれば問題ありません。エナジードリンクのようなカフェイン飲料やガバガバお茶やコーヒーを飲まなければいいのです。

コップ一杯飲むのはやめ、ひとくち、ふたくち飲む分なら問題ないでしょう。

とはいえ、水分補給のためお茶に代わる飲料は必要です。そこで、美味しく飲める飲料を紹介します。

オススメの飲料

〇生茶デカフェ

カフェイン量を減らした緑茶です。味はなかなか。

カフェインは、通常の緑茶に100mLあたり20mg含まれています。この製品は、100mLあたり1mg以下まで減らしているため、欧州の基準値まで摂取するには、20Lも飲む必要があります。

こんなに飲めませんし、ガブガブ飲んでも問題ないでしょう。

キリン 生茶デカフェ 430mlPET×24本
生茶

〇麦茶

麦茶にもカフェインは含まれていません。麦を炒っただけですしね。夏によく飲むので慣れ親しんだ味です。

〇爽健美茶

爽健美茶にもカフェインは含まれていません。普通に美味しいし、コンビニでもスーパーでも簡単に手に入ります。

〇十六茶

十六茶にもカフェインは含まれていません。こちらもコンビニやスーパーで簡単に手に入ります。

〇そば茶

そば茶にもカフェインは含まれていません。特に香りが好き。蕎麦アレルギーの方はやめましょう。

〇コーン茶

コーン茶にもカフェインは含まれていません。芳ばしい香りと甘味のバランスがよく、美味しいお茶です。

コーンベースのお茶はこちらも美味しいのでオススメ。北海道限定ですが、通販で購入可。

コーヒーがないのは私が苦手であまり飲んだことがないためです。味が分からないものを紹介するわけにはいかないので、ご了承ください。

おわりに

妊娠、子育て、健康志向からカフェインを減らした製品を求める方が増えています。カフェインが一切含まれていないものを選ばなければいけないと思われがちですが、摂取量が多くなければ問題ありません。

市場にはカフェインを減らした製品も多くあり、そういったものを選択するのも手段のひとつでしょう。また、カフェインを含んでいない美味しい製品もあるので色々試してみてください。

参考資料

コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約及び施行規則(2019.08)

食品安全委員会 資料 食品安全の基本とカフェインの安全性について

各社商品Q&Aページ

タイトルとURLをコピーしました