シャワーヘッド変えたらプロパンガス料金が半分になった話

引越した先がプロパンガスなので節水も兼ねてシャワーヘッドを変えた。それだけのはなし。ちなみに僕はシャワー中心の生活。毎日湯船って方は効果薄いかもね。

はじめに

プロパンガスは高い。だけど、その分家賃が安かったりする。立地とかに比べたら些細なことだからそこは妥協した。

だけどやっぱりガス代は最小限に抑えたい。

よくこの手のサイトだとガスの熱量とか計算してるところがあるけど、そんなの面倒くさい。そもそも仕事じゃないんだから、細かい数字とか計算するのが面倒だからざっくりこんな感じでって感じで書く。

ガス使用量の内訳

ガスコンロ、ガスファンヒーター、給湯器に使用される。特に使用量が大きいには給湯器になる。それは、水という温めるのに非常に多くのエネルギーを要する物質を温めるためだ。しかもシャワーを浴びるにしても湯船に入るにしてもものすごい量の水を加温しなえればいけない。

ガス消費の大部分が水を温めるのに使われていると考えるのは火を見るより明らかだろう。実際にファンヒーターは温める対象が空気だったり、料理はそもそも弱火で使うことが大半だからあんまりいじれるところがないんだよね。

ってことでガスが一番多く使われるお湯に着目して節水してガス代を減らそうと考えた。

冬場はガス代が特に高い

あたりまえだ。水温がそもそも下がっているわけで、仮に夏場20℃だった水が10℃まで下がると、同じ水量を40℃まで上げるのに1.3倍くらいガスが必要になる。

それに冬は温まりたいから設定水温を上げたりシャワーでも長い時間あびたり、浴槽にお湯をはってとかする。ガス代がかさむのはしょうがない。

ガス代を削る方法

お湯の使用量を減らせばいい。ってことでシャワーヘッドを変えてみた。

三栄水栓 シャワーヘッド 節水 ストップ レイニー

スペックによると40%の節水ができるって書いてある。本当ならガス使用量も40%くらい減るはず。

シャワーヘッドの使用感

とっても柔らかい。標準のヘッドはババババって皮膚に当たっていかにも水が当たってるって感じがした。このヘッドだとシャーーーーって感じで当たるからすごく柔らかくて物足りない感じがする。でもすぐ慣れるし、水量が少なくて寒いとかそういうのはない。

不満っていうわけじゃないんだけど、手元のボタンで水を止められる。なれないうちはふとしたときに止めてしまって元に戻すと給湯器からのお湯の温度がちょっと変わって熱かったり冷たかったり。

シャワー中心の生活でちょっと止めたい何かのときは蛇口ひねるより楽。

あと、ちょっと心配なのが硬度とかシリカの多い地域はヘッドの穴が詰まりそう。うちの地域は軟水だからあんまり問題なさそうだけど、海外とかは厳しそう。

設置後のガス代

というわけで、最後に数字の話を。

1ヶ月のガス代は3300円だった。その前の月が8000円。料金表みたときに えっ って思った。マジでこんなに安くなるのかって。

というわけで早く変えておけばよかったと心底思ったわけであります。こんなに効果がでるとは思わなかった。

フォローする