ボンヴィヴォン 新百合ヶ丘店でシュトーレンを買った

某ブラウザゲームのキャラが呟いているドイツのケーキ。ここ数年、この時期にパン屋で並んでいるのを見かけるとついつい買ってしまう。今年は新百合のボンヴィヴォンさんで購入。HPはこちら

シュトーレンについて
生地にナッツやドライフルーツを練りこまれており、表面には砂糖をまぶしている。ドイツでは資格を持った人が作らないとシュトーレンと名乗ることができないとか。食べ方は食べる分だけ切って今日より明日、明日より明後日といった感じで美味しくなり、クリスマスが待ち遠しくなるような夢のあるお菓子らしい。ってのを去年、美の壺でやってた。

外観
購入すると専用の手提に入れてくれる。
img_1763
手提から中身を取り出すとこんな感じ。
img_1764
いざ、開封の儀!
パリパリのビニール袋、その内側にはラップがしてある。ラップは柔らかいのでちょっと切って再度閉じるのに便利。
img_1765
端っこを切ってみるとこんな感じ。ナッツやドライフルーツがびっしり。
img_1767
img_1768
そんなに沢山食べてもしょうがないんで食べる分だけ切って残りはまた今度食べることにする。向こうの風習にならってじっくり食べる。

実食
甘さが控えめで美味しい。生地は硬すぎず、柔らかすぎず程よく食べごたえがある。ドライフルーツも砂糖てんこ盛りでなく、自然な甘さ。偏りもなく均等にナッツ、ドライフルーツが分散されててどこを食べても外れはなさそう。ボクあんまり甘いのが得意じゃないんだけど、これなら美味しく食べれそう。