寒くなってきたのでハクキンカイロに火を入れた

使い捨てカイロのようにゴミも出ず継続して使えるハクキンカイロ。この良さを書きなぐりたい。

良い点
なんといっても見た目!くっそかっこいい!表面は鏡面加工でピカピカ。材質はステンレスなのかな。とにかくかっこいい。
img_1633
そして性能。1回当たりの熱量を比較したっていう数字が公式HPに乗ってるけど、10倍以上の熱量があるとのこと。実際に点火するとこんな感じで燃焼しているのがわかる。触媒にプラチナを使用して低温でベンジンを燃焼させているとのこと。この火口は毎シーズン交換を推奨しているけど、使い方によっては数年もつことも。自分は使用頻度そこそこで5年持ちました。ちなみに交換用はこちら
img_1640

使い心地
金属ボディに直接触れるとかなり熱い。付属のフリース袋を握ってもものすごくあったかい。屋外で動いていないときは必須アイテムだと思う。でも電車内とか室内だと暑いかも。その時は鞄へ。真冬の星空を撮影したときは外気温がマイナス数度だったけど、本当にあったかくて体の芯まで冷えるってことにはならなかった。

残念なところ
というわけで、見た目、性能で圧倒的なハクキンカイロだけど、残念なところがいくつか。まず、燃料が臭う。何とも言えない有機触媒のにおい。好きって人もいるけど、自分は長時間嗅ぎたくない。あと蒸れる。有機物を燃焼させているの二酸化炭素と水ができる。冬だから感想していてそんなに気にならないけど、時々しめっぽいなーと感じるときがある。とにかく暖かいからそんなデメリット差し引いても全く問題ないんだけどね。

あると便利なもの
あと自分は燃料切れが嫌なので小さいボトルにベンジンを小分けにして持ち歩いてる。耐薬品性と価格をからこれを選んだ。ノズルのキャップが取れるとか見かけたけど、小物入れに入れて鞄に入れてるせいか外れて液漏れってしたことがない。扱いやすさ、容量から一番いいと思う。

フォローする