みながわ製菓の三椒の種が越後製菓から発売されていた

みながわ製菓が倒産してもう食べれないと思ってただけに嬉しい。

はじめに

みながわ製菓は昨年倒産しました。その製品の種シリーズはどれも美味しく、特に三椒の種は香り、辛味のバランスがよくとても美味しい製品でした。倒産したって知ったときは近所のスーパー巡って買い集めたりしてそれがなくなったらもう食べれないのかと寂しい気持ちになりました。

だけど、今年の2月20日から三椒の種、とうがらしの種、わさびの種が越後製菓より発売されていたようです。知らなかった。

メーカーHPはこちら

三椒の種

カボチャの種くらいの大きさ、厚みのおかきです。味はサラダ味に胡椒と山椒がかかっています。食べると胡椒と山椒のかおりがして山椒特有のしびれがします。抜けるような辛味でとても美味しい製品でした。

旧製品と新製品の違い

地元のニュースサイトでは次のように記載されていました。

たれのレシピは基本的にみながわ製菓と同じだが、食味や食感を改善した」と話す。パッケージデザインも基本的に同じ。

全国のファンお待たせ!「とうがらしの種」が越後製菓から2月に発売へ

ふむふむ、ほとんど一緒だけど、ちょっと改善したってことね。パッケージが同じなのはうれしいですね。迷わずにすみます。製品はこちら。

左上にちっちゃく正解は越後製菓って書いてありますね。同じデザインだけどまるっきり同じじゃない模様。

新製品の味

いざ開封の儀。もう旧製品は手元にないので記憶を頼りに比べてみます。

口に含んだ感じはほとんど同じですが、香りがちょっと違います。黒胡椒煎餅のように黒胡椒の香りが特に強い。んで山椒の香りがいまいち。と思ったんだけど、口に入れるたびに味が変わります。ふとした瞬間に山椒の辛さでしびれます。あーこれこれ、これが食べたかったんだよって懐かしい感じ。

見た目から察するに、山椒やコショウの粉末が種にくっついておらず、袋の底部や側面にたまってるように見えます。旧製品はもっと付着性が良かったと思います。

おわりに

若干の差はあるものの、三椒の種が復活して嬉しい限りです。アマゾンでは星が少なくて評価が微妙でしたが、そこまで品質が下がっているわけではありません。

メーカー担当者さん、もしこのブログを見ていたらもう少し付着性をもう上げるように改善してもらえませんか。お願いします。

アマゾンでの購入はこちら

楽天での購入はこちら