水素水の効果について思うこと

健康への効果は不明ですが、産業用では効果が確認されていて実際に使われています。飲料では効果なし、疑似科学と言われていますが、産業用ではどういった効果があるのでしょうか。

はじめに

水に関する商品は多岐に渡り、怪しい商品がとても多い業界です。山形大学の天羽先生は自信のサイトで水商売ウォッチングというページを公開しています。

根拠のある主張がされていて、水に関連した製品で困ったときはここを見て自分で考えてみるといいと思います。

水素水について

近年話題の水素水は、芸能人の結婚式の引き出物で出たとか、健康効果が歌われていて大手企業から製品が出ていたりもしています。

実際の効果については否定的な意見が主流だと思われます。

水素水の効果

産業用では効果が確認されていて実際に使われています。実際には半導体の洗浄用水として用いられています。製造工程で付着した微粒子を洗い流す工程があります。この工程では、従来、アンモニアや水酸化カリウムなどの強アルカリが用いられていました。

水素水をこの洗浄工程で用いることで微粒子除去ができるというものです。水素水は溶けているものが水素なので残渣がありません。従来の洗浄方法では水にアルカリを溶解させているので残渣が残ってしまう可能性がありました。薬品の使用量が減らせて洗浄効果を維持できるのでこういった場所で使用されることがあるようです。

半導体の製造工程で使用される超純水は、あらゆる物質を除去されています。特に純度の高いシリコンを削る工程で使用される場合、酸素が含まれていないことが必須条件になります。この工程では、摩擦による帯電防止のため炭酸ガスを溶かした水が使われます。

酸素を嫌うから水素を入れるのかと思ったらどうやら違うようです。酸素と水素を一緒にいれただけでは反応は進まないし、削る工程で静電気による爆発の危険を考えたら使うのは微妙かなと思います。

産業用に使用されている水素水の効果は、水素の還元性を用いた酸化防止でなく、微粒子除去を狙ったものです。

生体内での効果

還元性の物質が体にいいと言われています。ビタミンCがその代表になります。でも生体内に還元剤を多量に取り込んだら酸化反応が進むのを阻害しないのでしょうか。よく必要な油を勝手に体が判断して出してるから石鹸で洗いすぎると油をたくさん出すようになるとか言われていますが、このようなことは起きて酸化剤が多量に生成されたら本末店頭ですよね。

そもそも水素水の濃度が極めて低いので効果が出るか疑問です。農薬も食品添加物も効果がでるより低い濃度で体内に入ってきます。仮に水素自体に効果があったとしても、低濃度で健康効果が生じるのか非常に疑わしいです。

おわりに

無添加な製品を愛するオーガニックな水素信者に添加物だけどいいの?と問いたい。目の敵にしてる添加物や農薬と同じく人体に影響のない濃度で摂取しても大丈夫なのでしょうか。あと、おなら我慢したほうが血中水素濃度上がるよ!たぶん。

参考資料

平成20年度 青森県産業技術センター工業部門事業報告書 115−118

特許庁 平成17年度 標準技術集 水処理技術 269−273

フォローする