鉄のフライパンの育て方 実践編

鉄のフライパンは1日あれば育つ。

手順は次の通り。

① フライパンを紙やすりで磨きコーティングをはがす
② 焼いて黒錆びを製膜
③ 冷まして洗う
④ 水をすぐ拭き加熱して乾燥
⑤ 冷めたら亜麻仁油をキッチンペーパーで薄く延ばす
⑥ 煙が出るまで加熱
⑦ 冷まして完成
 
 
ビフォーアフター
空焼き後がこちら。画像だとわかりにくい・・
img_1589
そして亜麻仁油を引いて加熱した後がこちら。
img_1591
重合すると黄色っぽくなるようだ。触ってみるとベタつくこともなくつるつるした感触。樹脂層ができてるなって感じ。どうやらうまくいったっぽい。
 
 
とりあえず目玉焼きを焼いてみた
油をひいて熱する。油の広がりの良いことに感動しながら卵を落とす。んで適当に焼きあがるのを待つ。焼きあがった後のフライパンがこちら。
img_1598
加熱を繰り返すとコーティングの色がどんどん黒光りしていく模様。目玉焼きの外側がちょっと引っ付いたりしたけど、これは火力が強すぎた模様。なにせ鉄は初めてで火力の塩梅がわからん。なれたらツルツルになりそう。テフロンまではいかないけどこびりつくことはなかった。フライパンに少し引っ付いた白身は簡単にはがせて楽ちん。洗剤で洗っても問題なさそうだしかなりいい感じの模様。やったぜ。
 
 

フォローする