賞味期限が2年過ぎたドライトマトを食べる

黒色したドライトマトをオイル漬けにして食べてみた。もちろんその前に試食はしたよ。

はじめに

棚の奥から出てきたドライトマト。賞味期限が2年以上過ぎていた。ドライトマトって赤茶色で鮮やかとは言えないけど、トマトの赤が残っている。だけど、今回発掘したものはそれとは程遠く、かなり黒くなっていた。ちなみに戻したあとの状態だけどこんな感じ。

これを10%くらいの酢を含むぬるま湯で戻してドライトマトにした。
ドライトマトの作り方はこちら。

ドライトマトのオイル漬け
定番のニンニクとハーブの香りがするドライトマトのオイル漬け。

腐敗について

菌、カビなどの微生物によって腐敗している可能性がある。だけど、ドライトマト表面にカビ類の付着はなかった。乾燥させているから微生物による腐敗はしにくいのかな。たぶん。

腐ってると匂いや味もかわる。タンパク質を分解したときに代謝されるアンモニア臭だったり、腐敗臭だったり。味は苦味が出たりする。実際は複合的なものだから、味はそこまでかわらないけど、匂いでダメとか逆もある。

というわけで、見た目問題なし、匂いも変な匂いはしない。試しに口に入れてみたけど、味ともにおかしくないのでオイル漬けにした。

実食

漬けて1ヶ月後、おそるおそる食べてみた。普通のオイル漬けと比べるとこんな感じ。

手前が今回の。奥が通常品。明らかに黒い。

というわけで実食。

まずくない。むしろ美味しい。味に深みがあるというか、なんとも言えない旨味が増している。なんなんだろう、熟成が進むとこんな感じなのかな。トマト風味み若干減ってるけどこれはこれでアリ。

これを食べてから数日経過したけど、腹痛、下痢、嘔吐と言った症状もなく普通に生活出来ているから食あたり、食中毒的なものにはなっていない。ってわけで普通に食べられた。食べる直前はちょっと怖かったりしたけど、食べ終わったら期限切れてて怪しいってのを忘れてた。しばらくしてあー大丈夫だったんだって思いだしたくらい。カビや異臭、変な味がしなければ大丈夫なんだろうと思う。

おわりに

というわけで、賞味期限が2年以上過ぎたドライトマトは、風味が若干落ちるものの濃厚な味になり美味しいという結果でした。こうなる前に調理して食べるのがいいんだろうけど、こういう変わったものが食べたい場合は冷暗所に保管して忘れて頃に調理してみましょう。ただし、自己責任で。