ドライトマトのオイル漬け

定番のニンニクとハーブの香りがするドライトマトのオイル漬け。

はじめに

高島屋の地下で売ってるドライトマトのオイル漬けってすごくおいしくていつか自分でこういうの作ってやろうと思ってた。

サンマのアンチョビが手元もあったり、プランターのローズマリーとかを使って作ってみた。

材料

ドライトマト  100g

オリーブオイル 一瓶

ローリエ    2枚

鷹の爪     2本

黒胡椒     数粒

ローズマリー  一枝

アンチョビ   10g程度

ニンニク    2片

酢       30mlほど

作り方

①お湯を沸かして300mlとり、30mlの酢を足す。

②ドライトマトを浸して戻す

③30分ほど戻したら水分をキッチンペーパーで水分をよくきる

④ドライトマトは一口大、ニンニクは輪切り、アンチョビはみじん切りに

⑤これらとハーブ類を便につめてオリーブオイルに浸す

⑥数日以上寝かせて完成

作業工程の一部を。お湯に酢を足して戻しているときの様子。このときの酢の濃度は5-10%程。トマトに酸味が加わるので多少多くてもいい。ワインビネガーとか好みの酢をつかってもいいと思う。

こいつらを切って瓶詰めするとこんな感じ。トマトを入れてニンニクとかアンチョビを交互に入れていく。結構適当でもどうにかなる。そもそも水分すらすくない環境になるし、手間だから便の煮沸消毒はせずにアルコールで除菌くらいでいいと思う。

しばらくつけたものを、チーズとかオリーブと一緒に盛りつけてサムネのようになる。ドライトマト自体をオーブンですこし温めておくと香りが凄くよくなって美味しくなる。あまった油はパンにつけて食べるのがすき。

おわりに

作業は結構簡単。キッチンペーパーで余計な水分をしっかりとったりすればカビたりしないので適当につくっても大丈夫。簡単でいいつまみになる。しかも、店で買うほど高くない。常に作りおきしておいて切らさないようにしようと思う。

次回は、賞味期限の2年過ぎたドライトマトを食す。