牡蠣の塩辛の作り方

レシピとその作業工程の紹介。

はじめに

牡蠣の旬も終わりに近づいてきたので牡蠣を使った保存食を作ってみようと思う。サンマで作ったアンチョビのレシピを応用して牡蠣で塩辛を作る。塩漬けにして長期間保存することでタンパク質の分解が進み、生でそのまま食べるより数段美味しくなると予測される。

ちなみに、サンマのアンチョビ(塩辛)はこちら。

サンマでアンチョビを作る
サンマのアンチョビを作ろうと思って調べてみたら、アンチョビってイワシの名前でした。でも、アンチョビって塩漬けの魚みたいなもので通じてるってこ...

材料

牡蠣  1パック

塩   牡蠣の重量に対して20%

今回は加熱用の牡蠣を使った。高濃度の塩分で殺菌されるし、大丈夫でしょ。あと、加熱用のほうが洗浄日数がかかってないから新鮮なはず。

作り方

①牡蠣を塩水で洗う

②よく水気を拭きとって塩を2/3まぶす

③ビンにつめて残りの塩で蓋をする

④冷暗所で保存

作業工程

洗った牡蠣の水分をキッチンペーパーでよく拭き取り、塩をまぶす。全体に馴染むようによく混ぜる。使用料は2/3程度。残りは最後に使う。


ビンに詰めて残りの塩で蓋をしておわり。

蓋をするここんな感じ。

冷暗所でしばらく放置。忘れた頃の開封して食べます。

おわりに

というわけで簡単に作れた。あとは頃合いをみて食べるだけ。そのまま食べると塩分が強すぎるので薄く切って食べるか、塩抜きするかして食べようと思う。旨味が増してれば、何かの出汁につかってみるのもいいかな。アヒージョに入れたら美味しそう。

こちらは仕込んでから1ヶ月くらい寝かせる予定なので、味や食べ方は後日。