冬の尾道の特産品 デベラの食べ方

デベラのあれこれ、食べ方、などなど。

デベラってなに
ガンゾウビラメと呼ばれる魚で尾道ではデベラと呼ばれる。いわゆる地方名の魚。尾道では干物にして食べるとのこと。
他の地方だと、新潟なんかではフナベタと呼ばれ刺し身で食べることも。現地の人に聞いたら刺し身でなんか食べないって言い切っていたので地域によってかなり食べ方が違うようだ。

デベラの食べ方
ここでは尾道の干物の食べ方のみに絞る。
干物を木槌やビンの底で叩いて炙って食べる。ストーブの上で焼いてもいいし、炙ってもいい。オーブントースターで数分加熱してもよい。
加熱後、手で簡単に3枚にすることができる。そのまま食べてもいいし、マヨネーズをつけて食べてもいい。

オススメの食べ方
特にオススメなのがお茶漬け、ひれ酒って教えてもらった。実際にそのまま食べるよりも何かの出しにするとすごく美味しい。
焼き加減はオーブントースターで加熱してパチパチ音がしてから30秒から1分ほど加熱したものが良い。今回はひれ酒にしてみた。

ヒラメとカレイの見分け方
おばあちゃんから教えてもらったのは次の通り。
魚の向きを左に向けたときに目が上に来るのがヒラメ。左を向くからヒラメ。左のヒだよ。それ以外はカレイ。どっちの特徴も覚えなくていい。ヒラメだけ覚えておけばいい。
なるほどなーと思った。
他の国ではむヒラメでも右を向く奴がいるとかいないとか。この方法は日本のみで有効とのこと。

参考
http://www.hiroshima-bunka.jp/modules/newdb/detail.php?id=510
http://www.dent.okayama-u.ac.jp/syouni/OKAZAKI/omosiro/hiramekarei/hiramekarei.html

これは5袋だけど、アマゾンで買うときに1袋から選択できるみたい。

フォローする