カルピスを加熱して生キャラメルのようなものを作った話

練乳が生キャラメルになることに味を占めたボクは、カルピスでもできるんじゃね?と思い試してみた。

はじめに
生キャラメルを以前作った記事がこちら。

練乳を生キャラメルにする
チューブタイプの練乳を圧力鍋に入れて生キャラメルを作ります。

香り豊かでとっても美味しくできた。練乳でもできたんだからカルピスでもできるでしょ。糖類とタンパク質が含まれているからいけるはず。水平展開はエンジニアリングの基本。カルピスで作るとほんのり酸味が効いた香り豊かな生キャラメルになると思う!ってことで試してみたよ。

加熱前
カルピスを瓶に詰める。こんな感じで乳白色のカルピス濃縮液って感じ。いたって普通の状態。味もカルピスでこのままでもおいしい。うちは貧乏だったから薄めて飲む。希釈しないで飲めるくらいお金持ちになりたい。
img_1664

加熱条件
これを生キャラメルの要領で圧力鍋に入れる。120℃で20分。そのあとは自然に冷めるのを待つ。面倒だから放置ね。

加熱後
加熱後はこんな感じ。
img_1676
乳白色から一変して褐色のキャラメル色になってる。ちょっと写真だとわかりにくいけど、サラサラしてて粘度はそんなに高くなさそう。ってよりあんまり変わってない。ちょっと不均一というかなんというか、色が濃いところとか薄いところがある。この色からメイラード反応が進んでいるように見える。
香りはちょっと香ばしい匂いのするカルピスって感じですごく美味しそう。ってわけで外観検査はまずまずじゃないかな。

実食
スプーンですくって食べてみる。サラサラでに美味しければ問題ない、さながらスープキャラメルみないになるんじゃないかなって恐る恐る口へ運ぶ。

おいしくない。つーかまっず!!!!

なんか、香ばしさとカルピスの酸味が喧嘩してて不味い。甘くてすっぱくて気持ち悪い何とも言えない不快さがずっと残る。あーこれダメなやつだ。そういえば検索しても作ってみた系の記事がなかったような。見つけられないだけかもしれないけど、誰もやってないってことは、やっぱりそれなりの理由があってのことなのか。
メイラード反応が進んで褐色になり香りもいいから狙いは良かったんだよと負け惜しみだけ言っとく。これを再利用したりする方法はまったく思いつかない。何かに使えないかな。