サンマのアンチョビとジャガイモのピザのようなグラタン

サンマで作ったアンチョビを使ってジャガイモのピザを作ります。

はじめに

秋口に旬のサンマを使ってアンチョビのようなものを作りました。塩漬けにしてオイルに漬けるのですけど、面倒だから塩漬けにしたままなので塩辛といったところでしょうか。

とは言え、発酵が進み美味しく仕上がっているのでせっかくなので料理にします。

作り方

○材料 2人分
ジャガイモ  台1個
サンマの塩辛 半身1枚
バジル    10枚くらい
ピザ用チーズ 100g

○工程
1.ジャガイモを洗い、切る
2.レンジ 500W 5分
3.サンマの塩辛を細かく切る
4.チンしたジャガイモを耐熱皿にならべ、サンマ、バジル、チーズを載せる
5.オーブン180℃で20分

それでは調理工程を画像つきで振り返ります。

切ったジャガイモをレンチンします。500W、5分くらいで火は通ります。

レンチンしている間にサンマの塩辛を刻んでしまいます。

火が通ったらサンマを乗せます。これはアンチョビでもかまいません。

ついでにバジルも乗っけます。

あとはチーズを載せて焼くだけ。オーブントースターで180℃、時間は15-20分です。今回は20分加熱しました。

仕上がりはこんな感じになります。ちょっと焼き色が足りませんでしたね。残念。

実食

それではいただきます。

グラタンなのか、ピザなのか名前はどうであれ美味しいです。そして熱い。サンマの塩辛はアンチョビにない独特な香りがあって癖になります。アンチョビは薄くボソボソして舌の上になんとなく残ったりしますが、サンマの場合そういうのはなく、食感が非常にいいです。

半年以上漬け込んでいるので発酵が進んで旨味もかなり出ています。また、イワシに比べると独特の香りが強く、クセがあるように感じるかもしれません。

おわりに

サンマのアンチョビを使った料理を作りました。塩やイワシのアンチョビの代わりに使うことができます。サンマは脂の乗りもよく、安くて大きいので秋口の安くなったときに購入して多量に漬けるのがいいかと思います。

サンマのアンチョビやイワシの塩辛の記事はこちらになります。合わせてご覧ください。

新潟の保存食「いわしのしょっから」を漬ける

サンマでアンチョビを作る