見栄えするローズマリー風味の山芋ソテー

ローズマリーは梅雨入り前に剪定をします。そのときに切ったものを使って一品作ってしまおうって話。見た目も味も美味しい一品になります。

はじめに

ローズマリーは、湿気を嫌うので梅雨入り前に枝の剪定を行います。刈り込んでもいいんですけど、うちのローズマリーちゃんを刈り込むとそのまま枯れてしまいそうなので過密部分になっている枝のうち、邪魔そうな枝のみを切って風通しを良くします。

このとき、多量の枝や芽が切り落とされるわけですけど、乾燥させたり、ハーブティやハーブ−ウォーターにしても余ります。そこで惜しみなく料理に使ってしまいます。

作り方

○材料
山芋     15-20cmくらい
ニンニク   1塊
バター    10g
塩胡椒    適量
ローズマリー ひとつかみ

芋はなんでもいいんですけど、シャキシャキした食感を楽しみたいので長芋がオススメです。

○調理手順
1.山芋を2cmくらいのサイコロ状に切る
2.ニンニクの皮をむき、包丁の腹を当て体重をかけて潰す
3.熱したフライパンにバター投下
4.ニンニクを投下
5.バターがきつね色になったら山芋を投下
6.表面に焼き色がついたら火を止めローズマリーをいれて和える
このとき、山芋の中まで火を通す必要はありません。食感を楽しみたいので表面だけ焼き色がつけばOKです。

それでは画像つきで工程を振り返ります。

適当に切って下ごしらえします。

フライパンを中火で熱してニンニクを入れます。適当に炒めながらバターがきつね色になってニンニクのいい匂いがしてきたら山芋を投下します。

山芋の内部まで火を通す必要はありません。山芋のシャキシャキ感を残したいので表面に焼き色がついたら火を止めてローズマリーを入れます。

ローズマリーを入れたらフライパンを回して芋に香りを移します。それから塩を軽く振っておしまい。

あとは盛り付けて完成になります。

実食

それではさっそくいただきます。

ニンニクとローズマリーの香りが相まってすごくすごく美味しいそうな香り。もう匂いだけで美味しそう。てか美味しい。食感もシャキシャキで香りもよくてほんと美味しい。

と、自分で作って満足してしまいました。

おわりに

剪定して処分に困った枝を利用した料理を作りました。実は、以前同じようなレシピで失敗したことがあって、そのときは油分にバターを使いませんでした。動物性のタンパク質や油脂が無いとまったく美味しくありません。バターを使ったり、ステーキを焼いたあとに付け合せを作るなりして動物性のタンパク質や油脂が含まれるように工夫すると美味しく仕上がります。

今回のレシビは色々アレンジが可能で、ハーブの種類をかえるだけで色々な味を楽しめます。シソ系のハーブだったらミント以外なら展開できるんじゃないかな。バジルやオレガノ、タイムそのへんだったら合いそう。

ハーブ類は刈り込みや剪定を行いながら育成します。意外と多く収穫できてしまうこともおおいのでそういうときはこういった料理で惜しまずつかいましょう。