クノールカップスープ ミルク仕立てのきのこのポタージュを再現してみる

タイトルのまま。再現したレシピになります。

はじめに

クノールカップスープのミルク仕立てのきのこのポタージュは、粉末でお湯に溶いていただきます。このスープはそのまま食べても美味しいのですが、他の料理に使ったりソースに利用したり色々なアレンジが可能です。

今回は沢山作ってしまおうという話になります。

ミルク仕立てのきのこのポタージュの原材料

原材料は次のようになります。

でん粉、クリーミングパウダー、砂糖、食塩、デキストリン、全粉乳、マッシュルーム、食用加工油脂、じゃがいも、チーズ、バターオイル、バターソテーオニオンパウダー、酵母エキス、オニオン、粉末しょうゆ、乳たん白、香辛料、しいたけ、まいたけ、うきみ(乾燥ひらたけ、まいたけ、パセリ)/調味料(アミノ酸等)、ソルビトール、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)

メーカーHPより

めっちゃ多くてびっくりしますが、きのこ、たまねぎ、乳成分、調味料、とろみ成分の五種類に分類されます。なのであまり複雑に考えず材料の選定と調理をしようと思います。

スープの再現

○材料
タマネギ  1個
マイタケ  1パック
バター   10g
牛乳    300ml
小麦    大さじ2
コンソメ  1個(チキンコンソメでも可)

○調理工程
1.タマネギを薄切り、きのこは細かく切る
2.タマネギ、きのこをレンジでチンする
3.フライパンでバターを溶かしタマネギ、きのこを加え炒める
4.小麦を加え炒める
5.牛乳とコンソメを加える
6.とろみが出るまで火を通す
(とろみが圧倒的に足りなかったら小麦を追加)

大まかな流ればこのようになります。それでは調理工程を画像つきで振り返ります。

タマネギを薄切りにしてきのこを切ります。きのこはみじん切りまでしないけど、こんな感じ。食べごたえがほしかったのでちょっと大きめに。具がゴロゴロしていないスープにしたい場合は細かく切ると良いです。

タマネギとマイタケをレンチンしてる間にフライパンでバターを溶かします。

溶けたらレンチンしたタマネギとマイタケを加えます。スープを茶色くしたくないのであまり長時間炒めません。さっさと小麦を入れましょう。

小麦は一気に入れるのではなく、ちょっとずつ入れていきます。ダマになると溶かすのが面倒なのでここはしっかりやります。

小麦を炒めて火が通ったところで牛乳を入れます。入れたらコンソメも入れてしまいましょう。

煮立ってくるととろみがついてきます。いちおうこれで完成になります。

実食

それではいただきます。器がなくて保存容器だけど気にしない気にしない。

カップスープと同じ味がして美味しいです。これだけでも美味しいのですが、やっぱり他の料理に使うともっと美味しくなります。ホワイトソースの代わりとして使えるので冷凍して置くのもありです。

アレンジレシピ

よく作るものを

ポークソテーのソース
豚ロースに小麦や片栗粉をつけてソテーにしただけのものにかけるだけ。簡単で超うまい。

グラタン
ホワイトソースの代わりです。チーズを数種類乗っけてオーブン180℃で20分。これもうまい。

おわりに

今回はクノールカップスープ、ミルク仕立てのきのこのポタージュを再現しました。割りと簡単に作れてほとんどカップスープと同じ味になります。

作ったスープは他の料理のソースにしてもいいし、冷凍して保存してもいいです。でも、面倒なので作るより製品を買ってそれを使った方が楽なので僕はそっちがオススメです。