ボラを捌いて刺し身にしてみた

スーパーで血抜きされたボラが売っていたので刺し身にしてみた。あんな臭いものをと思う方もいますが、血抜きをしっかりすることで臭みはだいぶ消えます。白身の味はとてもよいので食べたことないという方はぜひ。

はじめに

ボラは臭くて食べれないといわれ、猫もまたぐことから猫またぎなんて言われたりします。防波堤なんかでは釣れてもそのまま放置されていたり散々な扱いです。

しかし、すぐに血抜きされたボラは臭みもなくタイを凌ぐほど美味しいと言われています。近所のスーパーでたまたま血抜きされた刺身用のボラを見かけたので捌いてみようと思います。

ボラを捌く

鮮度の良い魚は目が透き通っています。目を見てみると、結構透き通っていて鮮度は悪くなさそうです。

血抜きもしっかりされています。写真は載せてませんが、首にも血抜きしたあとがあります。

それではしっかり水洗いをして鱗を取ります。鱗は包丁の背でガシガシ落とします。鱗が1cmちかくあり結構落としごたえがあります。

頭、エラ、内蔵を落として流水でヌメりや血をよく落とします。それでは三枚おろしにします。大きい包丁だと小回りが聞きにくいのでペディでゆっくり確実に切っていきます。

とりあえず無事、おろせました。あんまりきれいにならなかったけど、こんな感じです。大名卸しと言わんばかりに骨に身が残ってしまったのでそちらは割愛。

あとは腹骨を落として皮を引いて終わりになります。尻尾側からバサーっといきます。丈夫な皮なので簡単に引けます。

あとは普通に切って終わりです。断面が滑らかにならないと食感が落ちて美味しくありません。切れ味のいい包丁で引きながら切ることが必要です。

実食

それではいただきます。

若干の臭みはありますが、とてもあのひどい言われようの魚とは思えません。確かにタイを凌ぐと言われる片鱗が伺えます。身が水っぽくなく美味しい。また、白身魚特有の身の硬さはありませんので結構厚めに切って食べごたえのある刺身にしても良さそう。

ワサビ醤油も合いますが、やっぱりポン酢がいいですね。少し残った臭みもこれでほとんど感じません。酸味とネギの香りでより美味しくなります。

おわりに

はじめてボラを捌いて食べてみました。臭いとか猫またぎとか散々な言われようですが、そんなひどいものではなくとても美味しい魚でした。

めちゃくちゃ安いので見かけたら買って調理してみてはいかがでしょうか。刺身にしても美味しいですしフライも美味しく作れると思います。